連続ボーズ

2012.09.20 Thu

9月8日息子と清水港(山本釣船店)へ釣行。清水港の中でもどこのポイントで釣れているかは、携帯サイトの「釣りトピア」で確認できて、山本釣船店の場合東燃か袖師が掲載されていることが多いが、今は他の渡船店も含めて貯木場で釣れている模様だ。

出船し巴川を下って行って湾に出るとき、普段なら親船が左(東燃・袖師側)に曲がれと思うが、たいてい右に曲がりしかも貯木場に入ることが多く、貯木場だとがっかりしてしまうが、今回は右に曲がれと思っていると左に曲がり、舟を掛けたところは軽金というポイント。


朝からシラサエビ・さなぎミンチ・激荒をたっぷり撒き餌し釣り始めるが、魚の活性は低い。9時頃からボラアタリが出始めるが、単発でボラがなかなか定着しない。エサはオキアミは取られるもの、他のエサは取られない。朝の撒き餌を私が息子の釣り座により多く撒いたせいか、そのうち息子がサオを曲げるがアイゴ。その後も息子が時折サオを曲げ、その都度チヌであってくれと祈るが、アイゴ・グレ。私の方はエサ取りのアタリはあるもののチヌアタリは出ず、サオを突き上げることはない。

昼の出前船で若船頭が来たので、一週間前に兼松氏が85枚という驚異的な釣果を上げていたため、兼松氏の釣ったポイントを聞くとやはり貯木場。広角釣法で中層での小アタリを掛け合わせた釣り方とのこと。また、どこのポイントで釣るのか事前に教えてもらえるのかを聞くと、当日おやじさんが決めているとのこと。山本釣船店ではなかなか釣れてるポイントには入れさせてもらえない。皆人はいいのになあ・・・。

午後になり、ボラの活性が高まり、活さなぎのエサも取られるようになったが、いっこうにチヌアタリは出ない。広角釣法を試すもダメ。一度這わせているとアタリがあり、合わせるとリールが巻けず、サオでためて必死になって耐えるも何度も糸が出され、こんなに力のあるボラいるかな?ひょっとして年なしかと思ってやりとりし、5分間の格闘の末上がってきたのは、やっぱり巨ボラ。

それ以外は特にトピックス的なこともなく、納竿時間となってしまい先月の三ヶ所の釣行に続いて息子ともども連続ボーズ。なんだか釈然としない釣りになってしまい、清水港の苦手意識がいっそう高まってしまった。
ただ、息子は外道だが魚が釣れて楽しかったと言ってくれたし、もう一つ良かったことは、新東名が開通したことで、新清水から乗り東名の清水で降りることで、行き帰りの時間が各30分位短縮されたこと。いつも富士川沿いの一般道を延々と運転しうんざりいていたが、今回は短く感じることができた。
次回の釣行はとにかく型を見たいので、鳥羽の小浜にシラサエビの数釣りに行きたいと思う。

↓ランキングに参加してますのでポチッとお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村
人気ブログをblogramで分析

スポンサーサイト

Category: 釣行記

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(0)

PageTop↑

Comment

Comment Form


TrackBack

プロフィール

FINE

Author:FINE
長野県上田市から三重や能登に通う49歳のチヌかかり釣りマニアです。長野県の会社に勤務していますが、若い頃大阪支店に転勤となり、そこで同僚にかかり釣りに連れて行ってもらい、長野に帰ってきてからやみつきになりました。遠いため年間釣行10日程度、通算でも約100日と釣行回数は多くありませんが、今までの釣行歴や釣行記、はたまた他の趣味や日頃思うことなどを書いていきたいと思っています。

最新トラックバック

長野よりチヌかかり釣り

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR