ホームグラウンド以外(三重編)

2012.09.04 Tue

<小浜漁協(小浜)> 釣行回数2回・2勝0敗
まだ秋の数釣り期に2回しか行っていないが、2回ともいい思いをした。以前はホームページがなく最新釣果が分からなかったが、数年前よりブログで釣果が分かるようになった。今後も秋のシーズンに通ってみたい場所。
<フィッシングパーク菅島>  釣行回数2回・1勝1敗
春に他がパッとしない中、ここだけは数が釣れる。ただし潮が速く、2号オモリでも止まらなかったことがある。春の小潮回りに最新釣果が良ければ行ってみたい。港から出船するのでホームページの交通案内が分かりやすくて良い。
<海香(生浦湾)> 釣行回数5回・4勝1敗
秋の数釣り期に以前はよく釣行。小チヌの魚影が濃くコンスタントに釣果が上がる。私の現時点での数釣り記録31枚はここでのもの。名手故瀬川彦次氏と一緒になった場所。魚影は小浜と変わらないが、以下の点がいやになり、もう行かないと思う。
(1)ポイントの指定ができない(赤灯台前以外では釣ったことがない)
(2)相乗りになる
(3)既に記事で書いたが、筏に上がったらエビブクの管が外れていてエビが全部死んでしまっていたため、エビを買いに陸に上がろうと船頭を呼んだが、無視されたこと
<渡船よしかわ(生浦湾)> 釣行回数2回・0勝2敗
海香に通いだす前に松田さんと2回行った。2回ともボーズで松田さんだけ釣れた。渡船場まで車ですごく急な坂を下りていくのが怖かった記憶がある。
<第二龍丸(畔蛸)> 釣行回数1回・0勝1敗
ちぬ倶楽部でいいことが書いてあったため、松田さんたちと行ったがボーズ。
<安乗釣センター(安乗)>  釣行回数1回・0勝1敗 
初心者の頃3月に釣行。当日は風が強く待機となり、釣りができないかと心配したが、9時頃にカセに上がった。ボーズ。
<鵜方浜釣りセンター(鵜方浜)>  釣行回数1回・1勝0敗
昔家族旅行で妻と子供はスペイン村、私は釣り。明け方までものすごい荒天だったが、出船時には回復。受付が分からず、そのまま船に乗り不安になった思い出あり。大型バラシあり。
<フィッシングポイント志摩(和具)> 釣行回数1回・0勝1敗
超初心者の頃、従兄弟と一緒に三ヶ所へ行って翌日ここへ釣行した。ちぬ倶楽部に記事が載っており、ここを選んだ。当然ながらボーズだった。
<?(迫間浦)>  釣行回数1回・1勝0敗
7月に松田さん行きつけの渡船店に釣行。阿曽田の筏で中型1枚。
<六〇渡船(神前浦)>  釣行回数1回・0勝1敗
ホームページで年なしがコンスタントに釣れていたため、つい先だっての24年7月に釣行。場所は絶好調のキレトを予約。期待して行ったが、釣況は冬の海のごとく全く生命反応がなく、唯一カワハギが釣れただけでボーズ。日が悪かったのか、ポイントが悪かったのか、それとも相性が悪いのか確かめるべく、もう一度釣行したいと思っている。
<鴻照丸渡船(古和浦)> 釣行回数1回・0勝1敗
10年程前の3月に大型を求めて釣行。この年の三重は低水温でどこも絶不調で、この日も全くアタリなく、最後に片づけをしていたら、置き竿に唯一アジがかかったのを覚えている。
<石倉渡船(紀伊長島)> 釣行回数1回・0勝1敗
ちぬ倶楽部で大型が釣れるとの記事を読み、松田さん親子と3月に釣行。松田さんとは別の湾奥のカセに上がったが、活性が低くボーズだった。
<?(三浦)> 釣行回数1回・0勝1敗
初心者の頃、大型が釣れるとの記事を読み釣行。途中で船頭よりイガイのマキエをもらったがボーズ。
<筏マルキ(島勝浦)> 釣行回数1回・0勝1敗
3月にホームページで年なしがコンスタントに釣れていたため釣行。当日は波が高く途中で沖の筏から湾内の筏に場所替えとなった。沖・湾内とも活性が低くボーズ。この日に荒川静香が金メダルをとったことをなぜか覚えている。
<ロッジ山水(白石湖)> 釣行回数7回・6勝3敗
松田さんと年なしを求めて釣行。松田さんが超大型をバラした場所。3年連続で松田さんと釣行し、その後1人でも釣行したが、ここ数年は一発狙いの遠征にリスクを感じ、足が遠のいている。釣果は年なしこそ釣れていないが、キビレはモーニングの広角で、そこそこの割合で釣っている。また、すでに書いたがハリ結び器を忘れたために1日で3回バラシた苦い経験を持つ場所。
<?(尾鷲)> 釣行回数1回・0勝1敗
初心者の頃、大型が釣れるとの本を読み釣行。夕方の納竿前にマダイの38センチが釣れうれしかったが、船頭が迎えに来て釣果を話したら舌打ちされたことを覚えている。
<マルトモ水産(大曽根浦)>釣行回数1回・0勝1敗
携帯で確認したら大型が釣れていたので、25年7月に養殖コワリを予約したが、乗った筏は養殖ではなく普通の筏で、しかも相乗りだった。潮が前後に流れて釣りづらかった。活性低く、釣り人は私を含めて20人位いたが全員絶滅。前日までは良く釣れていたのにと、船頭が不思議がっていた。
<あら丸渡船(須賀利)>釣行回数1回・0勝1敗
携帯で確認したらマダイを含めて大型が釣れていたので、かなり期待をして25年7月に釣行。午前4時出船というのにはちょっとびっくりした。前日の大曽根浦でのボーズの起死回生を狙ったが、活性低め。途中でネコザメが釣れ、気色悪かった。そのままボーズ。

↓ランキングに参加してますのでポチッとお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村
人気ブログをblogramで分析
スポンサーサイト

Category: 釣り場・渡船店インプレッション

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(0)

PageTop↑

Comment

Comment Form


TrackBack

プロフィール

FINE

Author:FINE
長野県上田市から三重や能登に通う49歳のチヌかかり釣りマニアです。長野県の会社に勤務していますが、若い頃大阪支店に転勤となり、そこで同僚にかかり釣りに連れて行ってもらい、長野に帰ってきてからやみつきになりました。遠いため年間釣行10日程度、通算でも約100日と釣行回数は多くありませんが、今までの釣行歴や釣行記、はたまた他の趣味や日頃思うことなどを書いていきたいと思っています。

最新トラックバック

長野よりチヌかかり釣り

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR