毒沢鉱泉 神の湯

2017.08.12 Sat

三重からの帰りに岡谷インターで途中下車して、下諏訪温泉に寄ろうと思ったのですが、「毒沢鉱泉 神の湯」の案内板を見て、急遽行ってみることにしました。

下諏訪町の町内から山の中に入って、細い急坂を上っていきます。こんなところに本当にあるのか不安になりましたが・・・。
010_convert_20170812144904.jpg
名前に違わず、神秘的な感じの場所。建物も素敵です。
011_convert_20170812145004.jpg
012_convert_20170812145112.jpg

013_convert_20170812145139.jpg
浴槽は加熱と源泉の2つあって、加熱は緑茶色で硫黄のかおりがする良泉です。源泉は冷たくて入れませんでしたが、飲むと苦くなく独特のいい味がします。
露天もない小さなとこですが、湯屋も素晴らしく、窓からは針葉樹の森が眺められ、秘湯感たっぷりの癒しスポットでした。
毒沢鉱泉神の湯
ロビーには神殿と弁財天が鎮座しており、ここに入る前・入った後に参拝するのが正しい作法なんだとか。
今度は釣りの帰りではなく、これ目当てで再訪したいと思いました。

スポンサーサイト

Category: 日帰り温泉

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(0)

PageTop↑

Comment

Comment Form


TrackBack

プロフィール

FINE

Author:FINE
長野県上田市から三重や能登に通う49歳のチヌかかり釣りマニアです。長野県の会社に勤務していますが、若い頃大阪支店に転勤となり、そこで同僚にかかり釣りに連れて行ってもらい、長野に帰ってきてからやみつきになりました。遠いため年間釣行10日程度、通算でも約100日と釣行回数は多くありませんが、今までの釣行歴や釣行記、はたまた他の趣味や日頃思うことなどを書いていきたいと思っています。

最新トラックバック

長野よりチヌかかり釣り

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR