4号筏の釣り人が・・・(白石湖2日目)

2016.02.07 Sun

迎えた白石湖2日目。今日は金曜日で昨日より人が多く、4号筏・6号カセにも人が入ります。

朝のキビレ狙いは望み薄で、中層にエサ取りが見えたので、しばらくやって8時半にダンゴに切り替えました。
昨日と一つだけ変えたのは、カキ棚に潜むチヌを引きずり出そうと、リスクを取って釣り座を1M半カキ棚に近づけたこと。

初日同様第一投からダンゴ当たりがあり、その時点では今日もいけると思ったのですが・・・。
しばらくすると4号筏の方がやたらとダンゴをドカ打ちし始め、魚がそっちへ行ってしまうのではと気が気でなくなり、ペースが乱されてしまいます。
初日と違い、ダンゴが割れた後の食いが悪いので、もう少しダンゴのインターバルを置きたいのですが、4号筏のピッチが速いのでこちらも昨日と同じ位のピッチにせざるを得ません。

9時半に1度だけいきなり穂先が舞い込みましたが、一瞬重みが乗っただけでスッポ抜け。
そのうち時間の経過とともにボラが単発となり、ついにはボラも当たらなくなり、厳しい状況となってきました。
筏群は昨日と逆に11時頃から奥に湾曲しだしました。

ダンゴが厳しいので試しにゼロ広角にすると中層でエサ取りにやられ、重りで落とすと根掛かり。宙切りを試すとスースーと当たってきて底近くで本当たりが出たので合わせるもウグイ。結局ダンゴ釣りで粘るしかありませんでした。

3時半、背面のダンゴ釣りで激しいボラ当たりが出たので、湾奥側に向きを変えることにしました。これにより結果的に4号筏の人が視界から消え、多少なりともマイペースで釣りができました。筏群の湾曲は大分戻っています。
するとボラ当たりが定着し、オキアミが取られるようになりました。よし、この調子と思ったのですが、30分程で再びエサが残りだします。

今日はダメかと思いながら漫然と釣りをしていた4時45分・・・。
油断していたら気が付くとカキ棚側の竿先が海中に入って、リールがゆっくり1回転している。
とっさに合わせると乗った!・・・がすぐ軽くなった・・あーあーと思ったら再び竿に重みが乗り、魚が付いていました。
だが軽い・・・、チヌかウグイかどっちだ?・・・上げてくると・・・チヌ!
でもう~ん小さい、32センチ。

ボーズ逃れでほっとした気持ちが半分、大型でなくがっかりしたのが半分です。なお、昨日はほぼ全部針を飲んでいましたが、今日は口掛かりで、やはり食いが渋いようです。
しかし、ようやく地合だこれからだと思ったものの、期待に反してボラ当たりが弱まりエサも取られなくなり、結局このままジ・エンドとなりました。初日と2日目が逆なら気分も浮かれて終わったのに、大型が釣れなかった悔しさの方が残る釣行となりました。

今日感じたことは、5号カセが前日の釣り人から3日連続ダンゴ釣りが続いたこと、同じラインに釣り人が3人いて特に4号筏でダンゴをドカ撒きしていたことから、チヌがプレッシャーを感じたか、あるいは飽食したか、いずれにせよダンゴを嫌って入ってこなかったに違いないということ。釣り人が自分だけならコントロールできるが、前日の釣り人や隣の釣り人まではコントロール出来ないので、やむなしだったと無理やり自分を納得させました。
なお、ネットで買ったカキ殻を時おり撒きましたが、効果のほどは分かりませんでした。

これで白石湖の戦績は15勝5敗、ただしスミ1が13、年無しは未だ釣れずとなりました。
スポンサーサイト

Category: 釣行記

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(0)

PageTop↑

Comment

Comment Form


TrackBack

プロフィール

FINE

Author:FINE
長野県上田市から三重や能登に通う49歳のチヌかかり釣りマニアです。長野県の会社に勤務していますが、若い頃大阪支店に転勤となり、そこで同僚にかかり釣りに連れて行ってもらい、長野に帰ってきてからやみつきになりました。遠いため年間釣行10日程度、通算でも約100日と釣行回数は多くありませんが、今までの釣行歴や釣行記、はたまた他の趣味や日頃思うことなどを書いていきたいと思っています。

最新トラックバック

長野よりチヌかかり釣り

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR