スポンサーサイト

--.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Edit | Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-)

PageTop↑

ボラかと思ったら・・・(答志島にて)

2015.10.18 Sun

1週間遅れの釣行記です。
3連休の2日目は答志島の愛幸丸に初釣行しました。

朝、HPに記載のある岸壁へ行くと、釣り客が集まっていたので、てっきり愛幸丸だと思って人に聞くと光和丸とのこと。愛幸丸はずっと向こうと言われ、あわてて船頭に電話して言われた場所に行ってみたところ、釣り客はいるもののかかり釣りの人ではない・・・。
去年の光和丸も着岸点がHPと実際でずれていてすごくあせったので、これだから「岸壁系」はいやなんだよなーと思い、不安のまま待っていると、なんとか無事船が来て、少数の客を乗せて出船となりました。朝からやれやれです。

ポイントは和具の8号筏。けっこうボロですが(すみません)、他の筏との距離があり、のんびり楽しめそうです。
027_convert_20151018105751.jpg

水深7m、潮はほとんど動いていません。6時半釣り開始です。
エサ取り多いがボラはいないとのことでしたので、最初は昨日同様、シラサ底撒き・荒・激荒のマキエをしてから、まずはシラサで遠投すると早速アタリ。すわチヌかと思いましたがベラでした。その後、マムシ・カメジャコは取られるものの、カニ・丸貝・活丸さなぎは取られず、ついモーニングを長引かせてしまい、8時すぎからダンゴ釣り開始です。

ダンゴ当たりはなく、シラサでは再びベラ。チヌが釣れるまではしばらくかかるかなと思いつつ、激荒に変えてトントンでしばらく待っていると待望のアタリ!これはチヌっぽいが・・見えたのは本命。31センチでした。
017_convert_20151018110438.jpg
ダンゴ釣りに変えてから10分で1枚釣れて、初めての場所だけにほっとしました。次も激荒で攻めると、トントンで反応がないので持ち上げてからゆっくり落とし込むとアタリ!連続ヒットで今度は29センチ。めっちゃ楽しい!

これはたくさん釣れるかもと思いましたが、そうは問屋がおろさず早くも食い渋りです。
エサをローテーションするも、シラサ・オキアミではエサが持たず、それ以外では反応ありません。エサ取りはますます活発になってベラに加え、サンバソウ・チャリコと賑やか。ボラが寄らないので状況が変わる気がしません。時折遠投したり、筏の穴に落とし込んだりしてみましたが、竿下と状況は変わりません。途中、中層でパラパラにすごく反応が良くなり、丸貝が取られますが、アワセどころが難しく針掛かりしませんでした。

時間ばかりが経過した11時半、思い切って朝からのポイントに見切りをつけ、釣り座のコーナーを変えてみました。
第1投、ダンゴ当たりがあり、なんとなくこっちの方が雰囲気ありそう。激荒は当たらず、シラサに変えると、コンときて教科書通りのアタリ。引きが弱くチャリコかと思いましたが、ジャスト20センチのチヌでした。しばらくシラサでやってから、激荒に戻した数投目。ボラがダンゴを割って、じっくり待っているといきなり竿をひったくるアタリ!これは力強い引きで糸が出される。幸い魚は沖に走ったので、無理にやりとりせず慎重に寄せてくると、見えた魚は・・・よっしゃーチヌだ!でも思ったほど大きくない。検寸すると35センチ。引きからして45センチはあると思いましたが、サイズの割に良く引きました。時間は正午でした。
019_convert_20151018110011.jpg

ひらめきで釣り座を変えたのが正解でした。今度こそ地合になると思いましたが、午前中の釣り座同様、エサ取りが活発になってしまい、釣りづらくなりました。ダンゴ・広角・宙切り・・思いつくままやってみますが効果ありません。
1時半、激荒で粘っていると久々のヒット!これは先ほどよりでかい!糸がどんどん出される。ボラが激荒を食ったか、それともまさかの年無しか・・・。バレルなよ、昨日のハリス切れが頭をよぎる。1.25号で慎重にやり取りしたら、ようやく魚が見えた・・・。あー長い、やっぱりボラかあと思いましたが、さらに魚を海面近くまで浮かせて来たら、どうも様子が変。なにこれ・・・ボラじゃない?え・・コチ?コチだー。何とかタモ入れしたら、60センチ近くはあるだろうか、巨大コチでした。
024_convert_20151018110051.jpg
思わぬお土産ゲット。でもやっぱりグロテスク。ボラよりはましだけど微妙ー。

その後は時間が経つにつれ、ボラのダンゴ当たりもなくなり、エサ取りだけとなって、そのままジ・エンドとなりました。

答志島の和具のポイント。ここは水深が浅く、潮もゆるく自分向きの所で、また連休の割に釣り客も何となくのんびりムードで、船頭も人の良さそうな人で、鳥羽でのお気に入りになりそうです。それにつけても出船場所をしっかり覚えねば。
スポンサーサイト

Category: 釣行記

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(0)

PageTop↑

Comment

Comment Form


TrackBack

プロフィール

FINE

Author:FINE
長野県上田市から三重や能登に通う49歳のチヌかかり釣りマニアです。長野県の会社に勤務していますが、若い頃大阪支店に転勤となり、そこで同僚にかかり釣りに連れて行ってもらい、長野に帰ってきてからやみつきになりました。遠いため年間釣行10日程度、通算でも約100日と釣行回数は多くありませんが、今までの釣行歴や釣行記、はたまた他の趣味や日頃思うことなどを書いていきたいと思っています。

最新トラックバック

長野よりチヌかかり釣り

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。