アタリが変!(FCマンボウにて)

2015.10.14 Wed

3連休の初日は今年初めてFCマンボウに釣行しました。

ポイントは渡船店を出て左、深江浦でも一番湾奥で水深6Mの浅場でしたが、潮はそこそこ流れていました。
013_convert_20151014215811.jpg
三重全体が秋の割に爆釣しておらず、エサ取りは多いがボラはいないとの事前情報から、シビアな釣りになることを予想し、シラサ底撒きと荒・激荒のマキエをしてエサ取りが直下に集まったのをイメージして、しばらくは広角釣法で攻めてみました。

シラサを遠投して2投目、着底直後にエエ当たり!開始10分で31センチをゲット!狙い的中です。
012_convert_20151014215730.jpg

次にカメジャコで遠投したらこれまた着底後に当たってきて28センチ。好調なスタートでめっちゃ楽しい!
今度はしばらくしてカニでやったらまたまたアタリ!これはマシなサイズでリールが逆転します。40はありそうな引きでしたが、1.25号のハリスが切られてしまいました。その後丸貝に変えるも反応なく、しだいに広角の反応が悪くなってきたので、8時頃ダンゴ釣りと広角を半々の攻めに切り替えます。

本日のダンゴはブルーステージプレミアム・あかまる・チヌスパイスと荒・激荒各2袋を使用。ダンゴへの反応はイマイチで、サシエは直下・広角ともシラサ・マムシは取られるものの、サナギ・コーン・オキアミは反応鈍い状況。エサ取りは想像していたフグ・アジではなく、浮かせるとメッキが釣れてきます。

パターンがつかめず時間だけが経過、途中激荒のエサで弱い引き。エサ取りかと思ったらチンタでしたが20センチに満たずカウント外。
11時半、シラサを釣り座左に落とし込み、着底後しばらくしたところで久々のヒット!これはデカい!糸が何度も出される。1.25号なので無理はできず慎重に対処するも、しばらくしてフッと軽くなってしまいました。朝に続いて痛恨のラインブレイク。秋=細ハリスと決めてかかっていたのが間違いでした。

この後、エサ・釣り方を変えて試行錯誤するも時間だけが経過していきます。
2時半頃からそれまで単発だったボラ当たりが定着し、メッキもおとなしくなった感じ。ダンゴが割れた後、スレアタリが出て、さらにその後サオ先が速く上下するケースが多くなりました。上げてみるとエサが取られていたりいなかったり。ここに来て釣れてはいないものの、シラサのダンゴ釣りが当たりがあってエサも取られて一番期待できる感じ。

3時半、ダンゴ割れ後サオ先がいつまでも上下するので、半信半疑で合わせると乗った!しまった、ボラを掛けたかと思いましたが、引きはさほどでなく上がってきたのは・・・超久々の本命29センチでした。
しかし、チヌアタリはサオ先が戻らないとよく聞くけど、今日のアタリはいったい何なんだと思うと、アタリの見極めに自信がなくなりました。この後もダンゴ割れ→ボラスレ→穂先上下の状況が続き、アワセどころがなく、勘でアワセても乗らず、結局このまま納竿となりました。

1日を通しては予想通り渋かったものの、秋にもかかわらず大物が掛かりドキドキも味わえて楽しい1日となりました。後でおかみさんに大物バラシを話したら、今でも年無しが来る可能性があるので、最低でも2号を巻いておかねばとのこと。今日の反省材料です。

P.S 2日目は後日報告します。
スポンサーサイト

Category: 釣行記

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(0)

PageTop↑

Comment

Comment Form


TrackBack

プロフィール

FINE

Author:FINE
長野県上田市から三重や能登に通う49歳のチヌかかり釣りマニアです。長野県の会社に勤務していますが、若い頃大阪支店に転勤となり、そこで同僚にかかり釣りに連れて行ってもらい、長野に帰ってきてからやみつきになりました。遠いため年間釣行10日程度、通算でも約100日と釣行回数は多くありませんが、今までの釣行歴や釣行記、はたまた他の趣味や日頃思うことなどを書いていきたいと思っています。

最新トラックバック

長野よりチヌかかり釣り

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR