続ダンゴが濃すぎる?(有岡渡船2日目)

2015.08.10 Mon

2日目のダンゴは、割れのタイミング重視のため、最近気に入っているブルーステージプレミアムに戻し、トーナメント大チヌ、本筏チヌ、細引きさなぎ、チヌスパイスの配合としました。また、ある目的からアケミ1袋を購入しました。

モーニングは丸貝・イ貝に加えて、さなぎで四方八方探りましたが反応なく、30分ほどでダンゴに切り替えることとしました。準備をしながら、ふとサオを見ると・・穂先がお辞儀をしている。あわててサオを手に取ると、さほど大きくない。見えた魚は・・・チヌ!昨日と同じ25センチクラスで狙いじゃないけど、昨日が昨日だっただけに、少しほっとしました。6時30分でした。

2日目も1投目からボラ当たりがあり、エサもすぐとられます。フグは昨日ほど針掛かりしませんが、相変わらずのフグじゅうたん状態です。
9時20分、この状況を見越してサナギとオモリをアケミ貝でフタをして、エサを持たせてみました。すると、作戦的中!アタリです。まずまずの引きで上がってきたのは33センチ。
008_convert_20150810172000.jpg

今日はこの釣法がビンゴかと思って期待しましたが、アケミ貝がすぐ開いてしまい、フグの餌食となるので、次にアケミ貝にハリスをグルグル巻きにしてみましたが、貝が開いたタイミングが分からず、2匹目のドジョウはいません。それでも同じ釣り方で10時40分、サオが曲がり今度は40オーバーかと思いましたが、残念ボラでした。

この後、ボラアタリがあまりにも激しく、ダンゴが早めに割れてしまうので、粘りを持たせようとさなぎミンチ荒を混ぜ込んだところ、これが災いしたみたいでフグフグフグと、昨日の午前中に逆戻りしてしまいました。

このままボラとフグの勢いは増すばかり。ダンゴでも広角でも、活丸さなぎの3コ掛けがあっという間に取られてしまう一方、丸貝でやると1回だけ端が割られた以外は反応ありません。エサの取られるのは一緒でも、穂先は何も変化ない時と、ボラアタリで穂先が激しく上下する時と、フグのヒビッという一瞬アタリの時がありました。

さらに、昨日と違って上潮と底潮が結構速く湾奥に流れだし、1.5号でも止まりません。船頭さんは潮ゆるいと言ってたけど、苦手な速潮にも苦戦です。12時半、はるか潮下の置き竿にアタリ!よっしゃーと思ってやり取りするもハコフグでした。

ダンゴ釣りに見切りをつけ、4時半からはさなぎ・丸貝の落とし込みで攻めるも、状況に変化なく、このままジ・エンドとなりました。
ここは、目の前のカセに乗ったら潮も緩そうで自分向きな感じ。2日釣りならマンボウとの連チャンも面白いかもと思いました。
006_convert_20150810171911.jpg

なお、今回の反省として、遠方から気合いMAXで釣行するため、気合いに連動してどうしてもダンゴがきつめになってしまうこと。盛期は薄めにしておいて、魚の活性が低かったら集魚を上げる方法を取った方が良かったかも。それと、さなぎコーンのダンゴ釣りでも、丸貝・イ貝でも、両方であわよくばといったスケベ根性では、狙いの大型には届かないのではと感じました。

↓ランキングに参加してますのでポチッとお願いします。
にほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村
人気ブログをblogramで分析
スポンサーサイト

Category: 釣行記

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(0)

PageTop↑

Comment

Comment Form


TrackBack

プロフィール

FINE

Author:FINE
長野県上田市から三重や能登に通う49歳のチヌかかり釣りマニアです。長野県の会社に勤務していますが、若い頃大阪支店に転勤となり、そこで同僚にかかり釣りに連れて行ってもらい、長野に帰ってきてからやみつきになりました。遠いため年間釣行10日程度、通算でも約100日と釣行回数は多くありませんが、今までの釣行歴や釣行記、はたまた他の趣味や日頃思うことなどを書いていきたいと思っています。

最新トラックバック

長野よりチヌかかり釣り

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR