不意の大物(能登島沖筏)

2015.05.23 Sat

来月の三重までどうしても待てず、能登島はフィッシング箱名の沖筏を予約。
2ケ月ぶりの釣行に心躍るも、前夜にネットで天気を確認すると、南南西の風10メートル・・・。快晴のくせに最も恐れていたことが・・・。
テンションが下がったまま出発し、それでも能越道が全通したことにより、3時間20分で和倉温泉に到着。昔5時間かけて行ってたことを思うと格段に楽になりました。
釣具店では前日に入荷してないと言われたボケを、特別に20匹頂きました。これが後で効くことに・・。

5時出船。今のところ風はさほどではありません。
001_convert_20150523160754.jpg
沖筏に1人の方と相乗りです。じゃんけんしますかと聞いたところ、好きな所をどうぞと言うので、私は東向きに陣取り、その方は沖向きに釣り座を構えました。

寄せ負けしないよう、早速ダンゴを打って、アケミ荒割りを底撒きしました。潮はゆっくり沖側に流れている程度。
それからオキアミを得意の?タングステンで落とし込むと、しばらくして何かが当たります。明確なアタリは出ず、半信半疑で合わせると乗りました。だが小さい・・・。上がってきたのは20センチのチンタ。う~ん微妙。
しかしここは、私的には朝一ダンゴを打ってのタングステンで来る確率が非常に高い!

再度オキアミを落とすと、またもや小アタリが何回か続くもグーが出ず、勘で掛け合わせると乗りました。今度は少しマシな25センチクラスをゲットです。
オキアミで数投して反応が悪くなったので、今度はボケでやってみると、再びコンコンコンの当たり。食い込みませんが頃合いを見計らってアワセて、3枚目です。
エサを落とせば必ずアタリがある状況。ボケで空アワセが続いた後、今度はアケミのムキミを試すと、明確なコンの後しばらく小アタリが続き、ここだと合わせて開始早々30分足らずで早くも4枚目をゲットしました。

やはりここは型を選ばなければ抜群の魚影だと改めて実感しました。さらに三重や清水と違って、神経質にあれこれ考えなくても割と簡単に釣れてくる感じがします。

落とし込みがようやく一段落したところで、ダンゴ釣りにチェンジ。ここは風対策が最大のポイントとなるので、超先調子のダイワブラックジャックメタルチューンをセレクト。元々潮通しの良い所ですが、今日は思ったほどではなくオモリはゼロから3B程度としました。

するとダンゴには当たらないものの、割れるとさほど間をおかずにアタリがでます。この時のパターンとしては、底が切れるとアジが食ってきたので底をキープして、オキアミ・ボケ・アケミで、同じエサを続けると食わなくなるので、ローテーションするとアタリが持続します。ただしこのアタリがやっかいで、合わせどころがなく、遅すぎると食われていたり、居食いで食っていたりという状況。
こうして7時半までに7枚ゲットです。皆抱卵していて正真正銘のノッコミチヌでしたが、型が小さいためかインターバルも短めでどちらかというと秋の数釣りに近い印象です。

斜め後ろの相乗りの方は全然釣れないと言って、ずうずうしくも?私の右隣りに出張してきました。そちらは潮上だからいいけれど・・。

するとそれは突然でした。アタリは覚えてないけれども、掛けると強烈な引きで何度か糸が出され、左前で掛けたのに右に行ったかと思うと、今度は筏の下に潜り込みます。今日は型のいいのは来ないと思っていたので、不意打ちを食らった感じ。しかもやけに斜めに走るのでチヌじゃないかも・・ボラ・・?と思い半信半疑で上げてくると・・・チヌ!でかい!
相乗りの方も興奮しています。タモをすぐ取れずにアセって後ろを振り返り、再び正面を向いたら・・・
あーうそーバラシ!くやしー。1.5号のハリスが切られました。相乗りの人は完全に年無しだったと言っています。海面ではでかく見えるので年無しかは分からないけど、40後半は間違いなくあった感じです。う~ん、やはり心の準備が・・まさかの大物でした。

その後恐れていたことが・・・8時半になり、予報通りの強風です。いや、強風どころか爆風です。
ブラックジャックをもってしても、とてもアタリが取れる状態にありません。やめることも考えましたが、勘か居食いで30分に1枚の割合で釣れてくるので、なかなかやめる踏ん切りがつきません。
こんな時は糸を多めに出してハワセるといいとありますが、今日に関しては穂先がモタれるアタリは出ないけど、魚の活性はある状況なので、1号オモリで糸を張って、アタリが少しでも取れる仕掛けにチェンジしました。

そのうち、リールが逆回転するなかなかの物が掛かりました。先ほどまではいかないものの、40はいったかと思いましたが、上げたらそうでもなく37センチ。それでも本日の最長寸です。
005_convert_20150523160854.jpg
その後またしばらく小型を釣ってから、珍しく激しいダンゴアタリからそのまま竿が引き込まれ、再びなかなかの引きで36センチをゲット。

風はますます猛威を振るい、フェイスマスクで顔を覆いましたが、途中からクシャミが止まらず、まさに精神修行の様相です。釣れなかったらとっととやめようと思うのですが、折角の数釣りチャンスに勿体ないと思うのと、また大物が来るのではとの淡い期待で、ズルズルと釣りを続行してしまい、結局1時半に20枚になったところで早上がりとしました。相乗りの方がすかさず私の釣り座に移ったのはいうまでもありません。

今日は風のせいで正味楽しめたのは3時間でしたが、大チヌのバラシもあり楽しかった。先にダンゴを打って寄せ勝ちできたことと、ダンゴを多すぎず少なすぎずコンスタントに打ったことが良かった気がします。ノッコミの群れにあたったとの見方もできますが、ここ数年いつ来ても期待を裏切ることがなく、魚影の濃さはビカイチのポイントだと再認識しました。
009_convert_20150523161107.jpg

来月からはいよいよ三重も盛期に突入。FCマンボウの釣り大会もあり、今から楽しみです。

↓ランキングに参加してますのでポチッとお願いします。
にほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村
人気ブログをblogramで分析
スポンサーサイト

Category: 釣行記

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(0)

PageTop↑

Comment

Comment Form


TrackBack

プロフィール

FINE

Author:FINE
長野県上田市から三重や能登に通う49歳のチヌかかり釣りマニアです。長野県の会社に勤務していますが、若い頃大阪支店に転勤となり、そこで同僚にかかり釣りに連れて行ってもらい、長野に帰ってきてからやみつきになりました。遠いため年間釣行10日程度、通算でも約100日と釣行回数は多くありませんが、今までの釣行歴や釣行記、はたまた他の趣味や日頃思うことなどを書いていきたいと思っています。

最新トラックバック

長野よりチヌかかり釣り

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR