うれしくやしの白石湖(2日目)

2015.03.15 Sun

2日目は風がなく、湾奥の筏群も平行を保っています。
タナ取りをしてから、早速ボケの広角でカキ棚前方へ落とし込むも変化なく、直下もタングステンで落とし込むも相変わらず根掛かりです。

今度はカキをカキ棚の際へ上撒きしてから、カキをオモリなしで落とし込みました。その後何も反応ないため、反対側の仕掛けを作っていると・・・気がつくとカキのサオが引き込まれている!
あわててやり取りすると引きが強い・・・が、ほどなく痛恨のラインブレイク。やり取り開始が一歩遅かった。
何で今日も昨日も作業をしている時に限って海に引き込まれるかなー。本当は2本位のサオに集中していた方が素早く対処できるけど、チヌが食ったのは間違いなく4本竿にしていたおかげだし・・・うーん悩ましい。

9時にダンゴ釣りを開始すると、2投目から早くもボラが定着し、ガンガン突きだします。昨日の撒餌が効いているようです。
これはいいぞ、まるで夏の釣りのようです。
9時40分、オキアミでヒット!引きはさほど強くなく、ウグイかな・・・?
半信半疑で上げてくると
035_convert_20150315135218.jpg
チヌでした!32センチと小さいけど、こんな早くに釣れるとは・・。ひょっとしたら今日はたくさん釣れるかもと期待しましたが、
この後、筏群が大きく湾口側に動き、昨日の釣り座より40M位離れてしまいました。これは厳しいなあと思いつつ、しばらくダンゴを打つとボラがついて来たようです。ただし、昨日と違って中層のスレ当たりが少なく釣りやすい反面、だんだんエサが取られなくなり、活性が落ちてきてしまいました。
これはやはり夕方に期待するしかなさそうです。

11時30分、早めに弁当を食べていると、突然何者かの攻撃を受け、思わず「わっ!」と叫んだらトンビでした。おかずをくすねそこねて、しつこく私の上空を旋回しています。トンビから守るように弁当を完食。

状況に変化がなく時間だけが経過。食いが悪いので、試しにハリを2号に落としてオキアミを丸く付け、トントンでやってみましたが、ボラがオキアミを吸い込み逆効果でした。そして5時頃、そろそろ何とかせねばと思ったら湾口側から突風が吹き出し、筏群が一気に大きく湾奥側にずれてしまいました。
ここでボラ当たりも途絶え、そのまま終了となりました。

3月の白石湖は、筏のズレと根掛かりに悩まされましたが、総じてボラの活性が高く、退屈しない2日間を過ごせました。
これで白石湖は勝率だけなら13勝5敗。ただし12勝はスミ1で、決して自慢できる釣果ではありませんが・・・。

↓ランキングに参加してますのでポチッとお願いします。
にほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村
人気ブログをblogramで分析
スポンサーサイト

Category: 釣行記

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(0)

PageTop↑

Comment

Comment Form


TrackBack

プロフィール

FINE

Author:FINE
長野県上田市から三重や能登に通う49歳のチヌかかり釣りマニアです。長野県の会社に勤務していますが、若い頃大阪支店に転勤となり、そこで同僚にかかり釣りに連れて行ってもらい、長野に帰ってきてからやみつきになりました。遠いため年間釣行10日程度、通算でも約100日と釣行回数は多くありませんが、今までの釣行歴や釣行記、はたまた他の趣味や日頃思うことなどを書いていきたいと思っています。

最新トラックバック

長野よりチヌかかり釣り

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR