スポンサーサイト

--.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Edit | Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-)

PageTop↑

誤算続きの2日釣り(1日目)

2014.09.15 Mon

先月のボーズが堪えたので、今月は行ったことがなくても、とにかく釣果が望めそうな場所をセレクト。

初日は答志島の井尻前カセ(光和丸)へ。
ここは出船場所が心配だ。昔1度浮島前へ行ったけどよく覚えていないし・・・。
HPの写真を凝視して、ようやくここと思われる所を見つけ、駐車場が離れているので岸壁に荷物を置いて仮眠をとった。

起きて岸壁に行ってみると、私の荷物きりで人がいない・・・。と、50Mくらい離れたところに今まさに出船しようとしている一艘の船があり、行ってみると「光和丸です」。HPと違うじゃん!
あわてて荷物を大移動。船頭と釣り客も手伝ってくれて、何とか出船に間に合った。これだから岸壁出船は嫌なんだよなー。

6時に釣り場に到着、3つ並んだカセの東寄りに渡った。
003_convert_20140915164122.jpg
周りに釣り人がいるので、まずはダンゴとシラサ底撒きをたっぷりしてから、タックルをセットした。
6時半釣り開始。魚の活性を期待したがしばらく反応なし。しばらく続けているとチャリコが釣れた。
とりあえず心配したアジサバはおとなしいようだ。

7時半に待望のボラ当たり。すると少しして置き竿のエサを付け替えてから、手持ち竿を持ったら魚が掛かってる!
これはチヌっぽい。上がってきたのは30センチの本命。シラサ・コーンで7時45分。
この時点では今日はいけると思ったのだが・・・。

2匹目を狙って続行したら、あっという間にボラがいなくなってしまった。
しかも2枚潮がきつくて釣りづらくなった。3方が山に囲まれているのに、あいにく沖の東側から風が吹き付けて表層は奥に流れるのに、底潮は沖側に結構な勢いで流れる。予約した時は潮はゆるいと聞いていたのだが・・。
強風で置き竿のACTION5は断念して、ダイワメタルチューンにタックルチェンジした。
重めのオモリで流していると、たまに掛かるのが中型サバ。潮下で底が切れるとこいつがいるようだ。

色々試すも効果なく、時間だけが経過していく。お昼に見回り船がきたが、今日はどこもアタリが少なく、釣れていても1~2枚とのこと。やはり3連休のせいか?

1時半頃からようやく潮がゆるくなって、徐々にダンゴ当たりが出だすようになり、時間とともにいい感じになってきた。
3時頃、ボラがダンゴを割って、ここだというアタリを合わせると、肩で止まらない。チャリコでした。
この後も、来たかと思って合わせてもチャリコの連続。チヌには変わらないのか?
おまけに、肝心のシラサの管理を怠り、気がついたら水温が上がって、ほとんどがお陀仏に・・・。
その後、再び2枚潮がきつくなり、ボラもいなくなって、そのまま終了となりました。
004_convert_20140915164326.jpg
他の客を乗せながら湾まで40分もかかり、沖釣りのようないつもと違った感覚でした。

↓ランキングに参加してますのでポチッとお願いします。
にほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村
人気ブログをblogramで分析
スポンサーサイト

Category: 釣行記

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(0)

PageTop↑

Comment

Comment Form


TrackBack

プロフィール

FINE

Author:FINE
長野県上田市から三重や能登に通う49歳のチヌかかり釣りマニアです。長野県の会社に勤務していますが、若い頃大阪支店に転勤となり、そこで同僚にかかり釣りに連れて行ってもらい、長野に帰ってきてからやみつきになりました。遠いため年間釣行10日程度、通算でも約100日と釣行回数は多くありませんが、今までの釣行歴や釣行記、はたまた他の趣味や日頃思うことなどを書いていきたいと思っています。

最新トラックバック

長野よりチヌかかり釣り

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。