スポンサーサイト

--.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Edit | Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-)

PageTop↑

今月は年無し狙いで(2日目)

2014.07.21 Mon

連休2日目は尾鷲(天満浦)岩本渡船の養殖コワリです。今日は完全な一発狙い。
この渡船屋も初めてで、尾鷲は初心者の頃1度来た以来です。

漁港で車中泊したところが、前日の寝不足が祟って目覚ましで起きれず、5時40分に目が覚めました。
5時出船なのでいきなり遅刻です。慌てて準備をして渡船屋に連絡し迎えに来てもらい、真鯛のコワリに渡りました。
006_convert_20140721185110.jpg
007_convert_20140721185139.jpg
ここも下調べどおり、周りに釣り人がおらず、じっくり大物と対峙できそうです。

モーニングタイムは逃してしまったので、ダンゴを打った後、タックルを2セット用意してから7時に実釣開始です。
昨日の古和浦より厳しいかと思っていましたが、数投したら思いのほか早くもダンゴアタリが出ていい感じのスタートです。
昨日と同じでダンゴが割れた後は、オキアミ・ボケは取られますが、他のエサでは反応ありません。

ボラがいるなら午後になったらチャンスが出てくるかも、それまでは地道にステージ作りだと思い、一定のピッチで打ち返します。昨日と異なるところは、ボラのダンゴアタリが定着したことと、エサ取りのアタリが派手な点です。

たまにダンゴアタリからそのまま竿を押さえ込んでいくので、ボラでもいいから一度アワせてみようと思って掛け合わせるると、ボラにしてはやけに軽い。コノシロか???と思って上げてくると・・・中型のアジでした。
朝からダンゴを突いていたのはこいつの仕業かと思うと、楽観的に考えていた釣りが一気に難しい釣りに変わりました。

船頭よりタナは底だと聞いていたので、ダンゴで攻めますが底はアジが湧いているようです。
また、空バリを上げてくると毎回のようにかかってうっとうしいのが小サバ。円を描いて上がってくるので糸がよれてしまいます。

時間が経つにつれ活サナギ、激荒のサナギも食いだしますが、コーンだけはどうも口に合わないようで、サナギ・コーンを交互にコラボにすると、見事にコーンだけ返ってきます。

これなら逆にコーンを食うのはチヌしかないと思い、タングステンの仕掛けをコワリのネット際に落とし込んだり、対面のコワリ際に落とし込んでも反応ありません。
一応ネットの底付近も探ろうと思い、水で溶いたペレットをネリエと混ぜて、10メートル強まで落として待っていると、派手なアタリで釣れたのは中型サバ。

いつかチヌが横取りに来ないかと思って粘りましたが、夕方になっても状況は変わりません。
6時上がりだと思っていたら5時半に迎えが来て、アタフタとしたまま終わってしまいました。

他の方はもう少し沖のコワリで、全部で10数名いましたが、みな状況は同じようでサバばっかりなどとこぼしていました。
この場所は今日はアジ・サバの猛攻でどうにもなりませんでしたが、自分のペースで釣りができ、ロケーション的にもザ・コワリといった感じで、いかにも大物がいそうな雰囲気だったので、状況のいい時にまた来たいと思いました。

↓ランキングに参加してますのでポチッとお願いします。
にほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村
人気ブログをblogramで分析
スポンサーサイト

Category: 釣行記

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(0)

PageTop↑

Comment

Comment Form


TrackBack

プロフィール

FINE

Author:FINE
長野県上田市から三重や能登に通う49歳のチヌかかり釣りマニアです。長野県の会社に勤務していますが、若い頃大阪支店に転勤となり、そこで同僚にかかり釣りに連れて行ってもらい、長野に帰ってきてからやみつきになりました。遠いため年間釣行10日程度、通算でも約100日と釣行回数は多くありませんが、今までの釣行歴や釣行記、はたまた他の趣味や日頃思うことなどを書いていきたいと思っています。

最新トラックバック

長野よりチヌかかり釣り

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。