スポンサーサイト

--.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Edit | Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-)

PageTop↑

先週の三重釣行(2日目)

2014.06.24 Tue

三重釣行2日目は、例によって年無し狙いのスケベ心が出て、礫浦(光栄丸)のコワリの釣りへ初釣行しました。

釣り人を1人ずつ下ろしていき自分も角のコーナーへ降りると・・・ゲー!正面の人とすごい近いじゃん。斜め前の人もいるし。
横なら視界に入らないからあんまり気にならないけど、正面でこの近さじゃちょっとヤダなーと思いました。

気を取り直してモーニングからスタートしようと思い、タックルを準備していると、ゲーこれまた正面と斜めの人がものすごい量のダンゴを落としてる・・・。自分も慌ててダンゴを投入しました。

釣りをスタートすると肝心の海の中はシーン・・・反応なし。
でも、一応初日に釣れているので焦ることなく、釣りを進めていきます・・・が、とにかく斜め前の人のダンゴを打つペースが早い。この低活性にこれだけいろんな所からプレッシャーを与えたら、厳しい釣りになるだろうなと思いながら、さりとて自分だけダンゴを打たない訳にもいかないので、打ちすぎない程度に打ち込んでいきました。

全員反応のないまま時間だけが過ぎていきましたが、ようやく正面の人のサオが大きく曲がりやりとりを開始しましたがバラシ。引きからしてボラっぽい感じ。
暫くしてまたもや正面の人のサオが曲がり、今度は取り込める感じで上がってきたのはヘダイ。

どうやら寄せ負けしてしまったようです。エサ取りがヘダイだと聞いていたので、私はアケミ貝のポイントを別に作りましたが、ヘダイでもいいから当たってほしい心境です。

そしていいかげん底狙いで粘ったのですが反応ないため、ダンゴ落とし込み釣法に切り替えた途端、底から3ヒロ程上で明確な当たり!これはなかなかの引き、でも40センチ台かな?マダイかな?などと考えてやり取りしていたところ、痛恨のバラシ!
上げてみると針先がなまっていました。当たりがないので完全に油断していました。反省です・・・。

気を取り直してダンゴ落とし込み釣法を継続しますが、その後明確な当たりはなく、たまに釣れるのが小サバのみ。
今度はアケミ貝のポイントや釣り座裏の三角穴へ(かかったら取れるのか知りませんが)、落とし込みますが反応ありません。

潮はずっと緩やかでしたが、2時頃から手前右に差し込む潮が早くなってきました。
正面の人は相変わらず、ボラとヘダイをポツポツ釣っています。正面の人のダンゴが効いているようです。朝のうち一番ダンゴを打っていた斜め右の人は釣れないので寝ていましたが、また起きて釣りを始めました。

さてどうしようかと考えた時、あれほど正面の人がダンゴを打っているのなら、その周辺(つまり自分とその人の間くらい)を狙えばいいじゃんかと思いつき、早速タングステンのオモリで正面の人近くに投げ込みました。仕掛けは潮に押されて自分の方に帰ってきて、丁度狙いの位置に着底しました。

すると明確な当たりで乗った!型は先程と同じくらいか・・・。が、巻き上げ途中でまたしても痛恨のバラシ。
やはり当たるとは思わなかったので、アワセが弱かったかと反省しました。

まだいるかもと思って広角釣法を落とし込む位置を変えて継続するも、二度と明確な反応なくジ・エンドとなりました。
結局当日7人程の釣り人がいましたが、皆ボーズでした。

ここは釣れる時は大型が釣れるのかも知れないけれど、小型の数釣り以外で他人の釣りに影響を受けることが自分的にはNGです。でもこれも実際に釣行したからこそ分かったこと。

またもう一つ、釣れない時に釣法やポイントを変える場合、一投目には要注意であることを教訓として学びました。
↓ランキングに参加してますのでポチッとお願いします。
にほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村
人気ブログをblogramで分析
スポンサーサイト

Category: 釣行記

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(0)

PageTop↑

Comment

Comment Form


TrackBack

プロフィール

FINE

Author:FINE
長野県上田市から三重や能登に通う49歳のチヌかかり釣りマニアです。長野県の会社に勤務していますが、若い頃大阪支店に転勤となり、そこで同僚にかかり釣りに連れて行ってもらい、長野に帰ってきてからやみつきになりました。遠いため年間釣行10日程度、通算でも約100日と釣行回数は多くありませんが、今までの釣行歴や釣行記、はたまた他の趣味や日頃思うことなどを書いていきたいと思っています。

最新トラックバック

長野よりチヌかかり釣り

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。