能登島日帰り強行軍

2014.06.16 Mon

今週は1年に一度の連続休暇です。
2月以来の釣行で溜まった鬱憤を晴らすべく、初日は能登島のフィッシング箱名の沖の筏へ行ってきました。
004_convert_20140616215215.jpg
数投でモーニングは諦め、潮の流れを確認し撒き餌とアケミの底撒きをしてから、ボケエサで直下のダンゴ釣りと潮下にタングステンの落とし込みでスタートしました。

すると落とし込み竿に微妙な違和感を感じ、半信半疑で合わせてみると、魚がかかってる!
なかなかの引きで上がってきたのはジャスト40センチ。6時15分でした。
002_convert_20140616220532.jpg
久しぶりの釣りで正直釣れるか不安でしたが、あっけなく釣れて拍子抜けです。

エサは最初ボケしか反応がありませんでしたが、風で半分の20匹が飛ばされてしまい、温存するため他のエサをローテーションしていきました。するとアケミのムキミと、オキアミのネリエにアミエビを混ぜ込んだものでも反応が出て、忘れた頃にポツリポツリと、チンタサイズから30センチ台を追加していきます。

ただし魚の活性が低いらしく、アタリは居食いか大分経ってから穂先が舞い込むパターンかのどちらかでした。潮は中層が早く底は緩やかだったので、5Bオモリのベタ底で止め気味にゆっくり流していくのがよかったようです。

1時の時点で7枚となり、釣れれば殆どチヌという状態でしたが、その後魚がチヌから外道に変わってしまい、ついにはコブダイまで釣れる始末。今日はボラがおらず、こいつは相当な引きだったので年無しに近いかと思って期待したのですが・・。こんな魚は初めて釣りました。
3時にダンゴ当たりで割れた後グレが釣れたので、帰りの時間も考えて早上がりしました。

しかしこのポイントはいつ来ても魚影が濃く、大釣りこそないものの、安定した釣果が望めるところです。
でも現時点での能登は盛期突入というよりは、チヌも抱卵しており、ノッコミ期の延長という感じでした。

今回は高速が延伸したことから日帰りを決行しましたが、前日1時間半しか寝ておらず、正直無理でした。やはり日帰り可能は苦手な清水港のみのようです。まあ、今回の能登は所詮ジャブでして、週の後半は本命の三重に出撃予定です。

↓ランキングに参加してますのでポチッとお願いします。
にほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村
人気ブログをblogramで分析


スポンサーサイト

Category: 釣行記

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(0)

PageTop↑

Comment

Comment Form


TrackBack

プロフィール

FINE

Author:FINE
長野県上田市から三重や能登に通う49歳のチヌかかり釣りマニアです。長野県の会社に勤務していますが、若い頃大阪支店に転勤となり、そこで同僚にかかり釣りに連れて行ってもらい、長野に帰ってきてからやみつきになりました。遠いため年間釣行10日程度、通算でも約100日と釣行回数は多くありませんが、今までの釣行歴や釣行記、はたまた他の趣味や日頃思うことなどを書いていきたいと思っています。

最新トラックバック

長野よりチヌかかり釣り

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR