草津湯めぐりワールド(ver2)

2014.05.23 Fri

3ケ月連続で草津へ日帰り湯めぐりに行って来ました。
すっかりハマってしまった感じ。自宅から1時間強で行けるのに、なんで今まで避けていたのかと思います。

大滝乃湯に車を止めて湯めぐり開始。
まず外湯の「煮川の湯」へ。ここはネットでチョー熱いと書いてあったのでどんなものかと恐る恐る入ったら、その通りでした。
我慢の限界と戦う気持ちと、熱さが身体に染み入って気持ちいい思いが交錯して、思わず何度も声を上げてしまいました。
そのうちに手足の先がしびれてきて耐え切れず湯を出ました。泉温は44度と書いてあったけど、絶対48度位ありそう。
煮川の湯

次は地蔵の湯へ。外湯にしては大きめで足湯も併設されていました。
お湯は「煮川の湯」に入った後だったので適温に感じましたが、完璧に白濁していて気持ちよかったです。
地蔵の湯

ここでお昼となり、湯畑近くの「うどんの水穂」へ。ここも3ケ月連続です。
客は平日だったため私一人だったが、ジャズが流れていい感じ。相変わらずコシのあるうどんです。

ここから店をブラブラ見ながら「西の河原露天風呂」へ。
ここも平日で殆ど人がおらず、天下の名物露天風呂を独り占めの気分。湯の奥に中洲があり、新緑の景色を楽しみながらお湯に浸かり、疲れたら中洲で寝そべって空を見上げて、また湯に浸かりの繰り返し。極楽の極みでした。
西の河原露天風呂

その後はまた湯畑まで戻って、外湯「白旗の湯」へ。
ここは白濁と透明の湯船が2つあります。私は当然白濁の湯へ。ここももちろん気持ちいいです。
白旗の湯

そして最後は朝に車を止めた「大滝乃湯」へ。真打ち登場です。
ここは露天の色が行く度に違っているのが興味深く、3月は透明で湯花たくさん、先月は真っ白、そして今日は上段の湯船が薄い白濁・下段の湯船がほんのり薄緑色でした。
一旦脱衣所で休んでから、お目当ての合わせ湯へ。これは今私の中での最強の「鉄板」です。
だんだん熱い湯に移っていって、最後は一番のあつ湯に我慢できるまで浸かって「締め」としました。
大滝乃湯

結局5ケ所を回って、4つの違う源泉を堪能しました。徒歩で回るのはきついかと思いましたが、街歩きが楽しく思ったより平気でした。これで昼食代を入れてたったの2,000円!無料で外湯に入れる地元の人に感謝です。事前に考えたプランどおりに回ることができ、我ながら究極の湯めぐりプランだと思いました。

↓ランキングに参加してますのでポチッとお願いします。
にほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村
人気ブログをblogramで分析
スポンサーサイト

Category: 日帰り温泉

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(0)

PageTop↑

Comment

Comment Form


TrackBack

プロフィール

FINE

Author:FINE
長野県上田市から三重や能登に通う49歳のチヌかかり釣りマニアです。長野県の会社に勤務していますが、若い頃大阪支店に転勤となり、そこで同僚にかかり釣りに連れて行ってもらい、長野に帰ってきてからやみつきになりました。遠いため年間釣行10日程度、通算でも約100日と釣行回数は多くありませんが、今までの釣行歴や釣行記、はたまた他の趣味や日頃思うことなどを書いていきたいと思っています。

最新トラックバック

長野よりチヌかかり釣り

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR