夏休みの能登島で

2016.08.10 Wed

待望の夏休みは三重で大型狙いの予定でしたが、息子が日帰りなら一緒に行くと言うので、急遽行き先を能登島に変更し、数狙いに行ってきました。能登島は朝一から釣れることが多いので、初心者にも飽きずに楽しんでもらえるだろうとの考えです。

今日の釣り客は自分たちだけ。得意な沖の筏を予約しましたが、下された場所は水族館前の筏。ここは筏が一基しかなくのんびり出来そう。後で聞いたら、沖は今なぜか小潮でも潮が異常に速くて、釣りづらいとのことでした。

003_convert_20160810154034.jpg
↑のとじま水族館が目の前です。

初めての場所なので水深を計ると18メートルと意外に深い。でも潮は流れてない様子。
今日は息子にチヌを釣らせるためホスト役に徹するつもり。早速、激荒・アケミ貝の撒き餌をしてから、息子に激荒でタングステンの落とし込みをやらせてみました。沖の筏ではこの釣り方で高確率で来るのですが、アタリはなく目論見が外れてしまいました。

しばらくやっても反応がないようので、今度はダンゴ釣りをやらせてみます。息子はダンゴが途中で割れたり苦戦してましたが、底についてもアタリはないとのこと。しばらく息子にコーチしてから自分の釣りを開始しますが、予想に反してアタリは遠いようです。

息子は早々に眠くなったと言って休憩してしまい、自分だけで釣り続けていると、それは7時でした。
激荒で少し待っていると突然竿先がおじきするアタリ!合わせるとまずまずの引き。冷静にやり取りし上がってきたのは・・・

001_convert_20160810153951.jpg
43センチ、白っぽいチヌでした。やはり朝の釣果率では能登島は鉄板です。
でも40センチ以上は逆に"狙い"じゃなかったので意外な感じ。また、息子がまだ1匹も釣ってないので、正直あまりうれしくありませんでした。

この後、しばらくアタリが遠かったものの、オキアミはアタリが分からず取られるようになり、また数投に1回単発でダンゴアタリも出だしました。そして8時、ついにオキアミコーンで狙いの25センチが釣れ、その後コーンでも同型を追加しました。でも押さえ込みのアタリは出ず、微妙で迷うようなアタリを勘で合わせたものです。

釣れ出したぞといって息子を起こし、釣りを再開させるも、アタリは渋いか遠いままで、そう簡単に初心者が釣れるシチュエーションにはなりません。エサの取られ方はオキアミ100%、コーンは半々、サナギは殆ど取られずといったところ。10時までに自分だけポツポツと20~30センチを5枚ほど釣ったところでオキアミも取られなくなりしばし休憩。この間釣ったエサ取りはヒイラギ1匹のみでエサ取り少なく、潮も動かないので、トントンでもOKな感じ。釣れればチヌの感じなのですが・・・。

11時すぎから北よりの風が吹き出し、沖から波が寄せて来て釣りづらくなったので5Bのベタオモリで対処しますが、元々微妙なアタリに波も加わり、ますます食いアタリが分かりません。
12時半頃に風は収まりました。相変わらずいやらしいアタリしか出ないものの、サナギも取られるようになり、チヌの気配はアリアリ。今日は息子がエサを付けやすいよう、4号針を使っていましたが、ここで一気に1号に落としてみました。すると少し効果があったようで微妙なアタリながら2枚飲ませて追加しました。
息子にチャンスだよと言って自分の釣り座を譲り、息子も真剣にやりだすと、ついに小さいながらも息子にも初チヌが来ました。
その後再び風が強くなったのと、日帰りのため2時半上がりとし、納竿間際に息子がもう1枚釣って、終了となりました。

006_convert_20160810170111.jpg
結局、43センチと20~30センチを息子と合わせて11枚の釣果。入れ食いとはならなかったけど、チヌはいるのに食いが渋く、逆にテクニカルで楽しかった。また水族館前の筏は潮がゆるく釣りやすいのと、周りに筏がなく独り占め感があって、またセレクトしたい場所になりました。

↓ランキングに参加してますのでポチッとお願いします。
にほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村
人気ブログをblogramで分析
スポンサーサイト

Category: 釣行記

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(0)

PageTop↑

 | HOME | 

プロフィール

FINE

Author:FINE
長野県上田市から三重や能登に通う49歳のチヌかかり釣りマニアです。長野県の会社に勤務していますが、若い頃大阪支店に転勤となり、そこで同僚にかかり釣りに連れて行ってもらい、長野に帰ってきてからやみつきになりました。遠いため年間釣行10日程度、通算でも約100日と釣行回数は多くありませんが、今までの釣行歴や釣行記、はたまた他の趣味や日頃思うことなどを書いていきたいと思っています。

最新トラックバック

長野よりチヌかかり釣り

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR