天気は豪雨、釣果は晴れ?(FCマンボウ2日目)

2016.09.19 Mon

マンボウ2日目は1日中弱雨の予報。幸い渡船時はまだ曇り。
カセに上がると、昨日撒いた残りエサでのモーニングを期待して、丸貝・両貝・カメジャコを落とし込むも反応ありません。

するとポツリポツリ雨が来たと思ったら、一気にバケツをひっくり返したようなどしゃぶりに。どこが弱雨なんだと思いつつ、あわててパラソルをセットするも、風が吹き荒れパラソルが飛ばないよう押さえているのが精一杯で、とても釣りどころではありません。このまま30分位、戦意喪失したままパラソルを抑えていたところ、ふと巻き取り式のロープを持っていることに気づき、急いでパラソルとカセをロープで結び、何とかパラソルの安定に成功しました。

こんな状況なので広角はできずダンゴ釣りに専念。またバッカンの端から水が入り込み、必然的にやわらかダンゴになったので、シラサからスタートです。

すると昨日とは違い早い段階でボラの反応が出て、すぐに定着しました。シラサも割とハッキリとした当たりで、20センチ強の小チヌが釣れました。型には不満ですが、昨日が昨日だっただけにまずは一安心です。昨日前方のカセにいた群れが移動してきたのか、その後もエビらしい当たりで、開始1時間半で小チヌが5枚となりました。

潮は右から左にゆっくりと流れており、エサが浮くとアジとフグにやられるので、オモリはBから3Bを使用。ハワセると根掛かりするので、トントンを基本としました。
風はいくぶん収まったものの、相変わらず強い雨が続いていましたが、これが魚の活性を高めた感じ。今日はこのパターンだと割り切って、秋の数釣りを楽しもうと思いました。
ただ、思惑通りに事は運ばず、段々と当たりが難しくなってきて、チヌはたまに釣れる程度に。エサは相変わらずシラサで、昨日ボラ?が食った激荒には無反応です。
↓これはその中の1枚で、針が目の上に刺さったチヌ。珍しくて思わずパシャリ。
002_convert_20160919214210.jpg

9時頃になると、どうも竿下の状況がおかしくなってきました。まず、今日一番のサイズだと思ったら30センチ強のヘダイ。次に来たのがアイゴ。仕舞いにはオニカサゴが釣れる始末。こんなんで11時頃まで停滞してしまいました。

お昼を回ると底潮が動かず、上潮だけが左に行く2枚潮に。
12時40分、オモリを4Bにして、シラサ・コーンでダンゴ割れ後、上潮の方向に竿をゆっくり移動させると・・ガツン!
来ました、昨日同様強い引きが。昨日の反省から極力イトを出さず、向こうが行くときだけ最低限出してやり取り。一度後ろに行きかけたので、手を目いっぱい伸ばして対処すると、何とか上がってきました。濁った海にチラっと見えたのは白い魚体。やっぱりボラか、でも幅があったような・・・。
そして海面に現れたのは・・・。


004_convert_20160919214150.jpg
チヌだ!よっしゃ、大きい。やった、検寸すると46センチありました。
今日は良型は釣れないと思っていたので、久々にうれしい1枚です。

その後は、また元のサイズに逆戻りし、たまにポツポツ追加していきました。
その間、2回強い引きを味わい、だんだんやり取りのコツがつかめ、正体が分かったものの、2匹ともボラ。途中までの引きは、先ほどのチヌとほとんど区別がつかなかったが、ボラの引きは途中から強靭になり、1匹目は海面近くで遠くに横走り。2匹目はボラと現認できました。

3時頃からチヌかエサ取りなのか、当たりがややこしくなり、アワセてもことごとく乗らず、長時間停滞。夕方にハリを2号から1号に落として1枚追加するも、14枚で納竿となりました。
009_convert_20160919214233.jpg
今日は数釣りも良型も釣れて、久々に充実した1日。何よりボラが1日活発で飽きませんでした。また個人的な意見として、やっぱりダンゴはブルーステージプレミアムが、コントロール性の良さから一番好きかなと思いました。

↓ランキングに参加してますのでポチッとお願いします。
にほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村
人気ブログをblogramで分析
スポンサーサイト

Category: 釣行記

Edit | Permanent Link | Comment(2) | Trackback(0)

PageTop↑

ボラ?チヌ?どっちだ(FCマンボウ1日目)

2016.09.19 Mon

今月はシンプルにかかり釣りを楽しもうと、一番慣れたマンボウに2連チャンしてきました。

深江浦の渡船場からほぼ正面の、後ろに障害物のあるカセに上げてもらいました。
003_convert_20160919213123.jpg

丸貝で数投したものの反応なく、ダンゴとシラサ底撒きにアケミプリン撒きもして場を作ってから、シラサ・カメジャコ・カニを周囲に落とし込んでみますが、たまにエサ取りが当たる程度でチヌの反応はありません。
ダンゴ釣りに切り替えると、予想に反して魚の活性は低くボラもいない状況。オキアミ・シラサには、大分経ってからアジやフグが掛かるようになりますが、サナギ・コーンには反応ありません。

また、今日はいつものブルーステージプレミアム1箱に、新発売のイエローステージプレミアム1箱をプラスしてみましたが、やや水分が多かったせいか、割れがいくぶんシビアに感じられました。

厳しいなあと思いながらダンゴ釣りに広角を交え続けていると、ようやく9時頃に単発ながらボラの反応が出だしました。しかしチヌの反応はなく、午前中は終了です。
今日は大潮で潮はそこそこ右に流れていましたが、昼ごろになってようやく潮が緩んで、ボラもほぼ定着してようやく雰囲気が出てきました。

ここで試しにエサをアケミの半貝にしてみると、モゾモゾ触って来ます。オッと思って勘で合わせますが乗りません。でもアケミの撒餌が効いたのか、このエサが今日の中では一番チャンスありそう。そして何回か他のエサをはさんで半貝を試していると、ダンゴが割れて大分経ってからいきなりガツン!と乗りました。
これはいい型だ、チヌかボラか・・?取りたいと思いましたが、中々の強引きで何回もイトを出され、そして最後は後ろの障害物に突っ込まれてラインブレイク。2号針でアケミ半貝なので、針ハズレを恐れてイトを出し過ぎたのがいけなかった・・・。

その後1~2時間してからでしょうか、今度は激荒をハワセていると再びガツン!
今度はイトを出されないよう竿でためていたら、フッと軽くなってしまい針ハズレです。
それからまたしばらくして、激荒で同じパターンにヒット!今度は取れる、中型だが今度こそチヌ・・と思っていたら、ガーン!ウグイでした。

これで一気に自信をなくし、今年はマンボウでスランプだなあ、などと考えながら時間が経過します。幸いにもボラの活性は右肩上がりで、いつ来てもおかしくないのですが・・。

そして5時15分、ラスト1投。再びガツン!
来たあー最後に激荒で、と思ったのですが、強引きで後ろに潜られてラインブレイク。こんなに強い引きは多分ボラだと思いつつ、姿が見たかった・・。

初日はこれで終了。前方の釣り人が小型ながら数釣っていたので、よけい落ち込みました。

↓ランキングに参加してますのでポチッとお願いします。
にほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村
人気ブログをblogramで分析

Category: 釣行記

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(0)

PageTop↑

夏休みの能登島で

2016.08.10 Wed

待望の夏休みは三重で大型狙いの予定でしたが、息子が日帰りなら一緒に行くと言うので、急遽行き先を能登島に変更し、数狙いに行ってきました。能登島は朝一から釣れることが多いので、初心者にも飽きずに楽しんでもらえるだろうとの考えです。

今日の釣り客は自分たちだけ。得意な沖の筏を予約しましたが、下された場所は水族館前の筏。ここは筏が一基しかなくのんびり出来そう。後で聞いたら、沖は今なぜか小潮でも潮が異常に速くて、釣りづらいとのことでした。

003_convert_20160810154034.jpg
↑のとじま水族館が目の前です。

初めての場所なので水深を計ると18メートルと意外に深い。でも潮は流れてない様子。
今日は息子にチヌを釣らせるためホスト役に徹するつもり。早速、激荒・アケミ貝の撒き餌をしてから、息子に激荒でタングステンの落とし込みをやらせてみました。沖の筏ではこの釣り方で高確率で来るのですが、アタリはなく目論見が外れてしまいました。

しばらくやっても反応がないようので、今度はダンゴ釣りをやらせてみます。息子はダンゴが途中で割れたり苦戦してましたが、底についてもアタリはないとのこと。しばらく息子にコーチしてから自分の釣りを開始しますが、予想に反してアタリは遠いようです。

息子は早々に眠くなったと言って休憩してしまい、自分だけで釣り続けていると、それは7時でした。
激荒で少し待っていると突然竿先がおじきするアタリ!合わせるとまずまずの引き。冷静にやり取りし上がってきたのは・・・

001_convert_20160810153951.jpg
43センチ、白っぽいチヌでした。やはり朝の釣果率では能登島は鉄板です。
でも40センチ以上は逆に"狙い"じゃなかったので意外な感じ。また、息子がまだ1匹も釣ってないので、正直あまりうれしくありませんでした。

この後、しばらくアタリが遠かったものの、オキアミはアタリが分からず取られるようになり、また数投に1回単発でダンゴアタリも出だしました。そして8時、ついにオキアミコーンで狙いの25センチが釣れ、その後コーンでも同型を追加しました。でも押さえ込みのアタリは出ず、微妙で迷うようなアタリを勘で合わせたものです。

釣れ出したぞといって息子を起こし、釣りを再開させるも、アタリは渋いか遠いままで、そう簡単に初心者が釣れるシチュエーションにはなりません。エサの取られ方はオキアミ100%、コーンは半々、サナギは殆ど取られずといったところ。10時までに自分だけポツポツと20~30センチを5枚ほど釣ったところでオキアミも取られなくなりしばし休憩。この間釣ったエサ取りはヒイラギ1匹のみでエサ取り少なく、潮も動かないので、トントンでもOKな感じ。釣れればチヌの感じなのですが・・・。

11時すぎから北よりの風が吹き出し、沖から波が寄せて来て釣りづらくなったので5Bのベタオモリで対処しますが、元々微妙なアタリに波も加わり、ますます食いアタリが分かりません。
12時半頃に風は収まりました。相変わらずいやらしいアタリしか出ないものの、サナギも取られるようになり、チヌの気配はアリアリ。今日は息子がエサを付けやすいよう、4号針を使っていましたが、ここで一気に1号に落としてみました。すると少し効果があったようで微妙なアタリながら2枚飲ませて追加しました。
息子にチャンスだよと言って自分の釣り座を譲り、息子も真剣にやりだすと、ついに小さいながらも息子にも初チヌが来ました。
その後再び風が強くなったのと、日帰りのため2時半上がりとし、納竿間際に息子がもう1枚釣って、終了となりました。

006_convert_20160810170111.jpg
結局、43センチと20~30センチを息子と合わせて11枚の釣果。入れ食いとはならなかったけど、チヌはいるのに食いが渋く、逆にテクニカルで楽しかった。また水族館前の筏は潮がゆるく釣りやすいのと、周りに筏がなく独り占め感があって、またセレクトしたい場所になりました。

↓ランキングに参加してますのでポチッとお願いします。
にほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村
人気ブログをblogramで分析

Category: 釣行記

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(0)

PageTop↑

腰の痛みに耐えた2連釣

2016.07.18 Mon

7月は近年大型狙いばっかりで、今年も懲りずに年無しを求めて紀東方面へ。

初日は古和浦の、まるよし渡船にお世話になりました。
4時半、渡船に乗り込んで釣り場に向かう時、いきなり「ギクッ」と強烈な痛み!
やばい、腰をやった・・・。だいじょうぶか?これで釣りができるだろうか・・・?
他のお客さんがいたので、何食わぬ顔で西浦の筏に上がりました。
015_convert_20150712111534.jpg
腰が痛いけど6時間もかけて来たのにおいそれと諦める訳にいきません。幸いギックリ腰じゃあなさそうで、やせ我慢して1日を過ごすこととしました。

モーニングではオキアミ、カメジャコにエサ取りの反応があったのみで、6時半にダンゴ釣りスタート。
朝のうちはダンゴアタリなく、オキアミはしばらくするとエサ取りがアタリますが、それ以外のエサは取られません。
エサ取りの正体は底がキュウセンベラ、中層はサバ。そのうちたまにダンゴアタリが出だしますが、ボラではなくエサ取りが突いている感じ。
ボラが寄るまでの辛抱と一定のリズムで打ち返しますが、いっこうに状況が好転しません。
途中から遠投、落とし込み、宙切りを試したり、ダンゴのインターバルを取ったり、休めたり・・・色々試すも効果なし。
夕まずめに期待するも、終日オキアミは100%取られて、その他のエサは全く取られず中間のエサが見当たりません。
結局、何のドラマもないまま撃沈してしまいました。

2日目は年無しがよく釣れている尾鷲天満浦の岩本渡船で勝負です。
腰は相変わらず悲鳴を上げてますが、年無しを釣るためには少々の痛みは我慢です。
huukeikowari_convert_20080224135226_convert_20160718152951.jpg
5時半に出船し、2年前の初釣行より沖側の古里前の養殖コワリに下されました。
同じコワリの別コーナーには既に先客が・・・。この時1番船で出船したのに変だな?と思いましたが、慣れない釣り場なので深く考えず釣り開始。そして、これが後々失敗を招くことに・・・。

養殖コワリについては最近のチヌ倶楽部の読み過ぎで、ネリエと宙切りが頭に浸みついてしまい、ネリエの落とし込みからスタートするつもりだったけど、先客が既にダンゴを打っていたのと、船頭からベタ底のダンゴ釣りだと言われたので、自分もそそくさとダンゴを打って正攻法で行くことにしました。

やってみると昨日の古和浦同様、オキアミは餌食に、それ以外は見向きもしない状況。
エサ取りはサバで中層から底までびっしりいる様子。ダンゴ当たりはあったりなかったりですがボラではなく、ストロークが速くて軽いアタリで、割れるとすぐエサに食いつくので、サバがダンゴを突いている様子。ハワセてもオキアミが少し持つ程度で、それ以外はいくら待っても取られない。試しにネリエで落とし込むと、上層でエサ取りにやられてしまう。

午前中は期待薄だと思ったら眠くなって、10時に30分ほど仮眠しました。
その後も全く状況は変わらず、2日間とも全くいいところがありません。退屈な釣りで、3時を回ると再び睡魔が・・・。

するとそれは突然の出来事でした。
一瞬の事でエサやアワセは覚えてませんが、いきなりのヒット!
これは超大物、チヌなら間違いなく年無し!竿も叩いています。
左手を竿に添えて強烈な引きに堪えますが、ドラグ付リールから糸が何度も引き出されます。
つい今しがたまで眠気に耐えて釣りをしていたことを考えると信じられない。相乗りの方「ここはいきなり来るんよ」。
とにかくやたらと重くて中々巻かせてくれない。
文字通りの格闘をしていると、イトがコワリの網に擦れだした・・。
やばいと思いながらもやりとりをしていると・・・フッと軽くなってしまいました。
あー、千載一遇のチャンスを逃したー。仕掛けを見ると3号が切られていました。
相乗りの方が「大マダイやな」と。たしかにチヌならいくら年無しでもあそこまで引きは強くないはず。3時40分でした。

気を取り直して、当たりエサであるボケを、エサ取り対策でアケミ貝の殻に包んでぐるぐる巻きにして、ここぞとばかりに投入。
釣り方は、大型狙いかつダンゴ釣りが有利と判断した場合に最近やっている、二本竿の両ダンゴ釣法です。
するとしばらくして片方の竿が引きこまれました。作戦成功です。
今度はチヌなら40センチ台か?少なくとも取れそうな感じです。だけど引きがどうもおかしい、途中から重くなってきて竿も叩かない・・上がってきたのは、残念!ブダイでした。
この後もオキアミコーンで、いきなり竿がギュイーンと入ったものの、しばらくやり取りしてバラシ。
ボラは寄っていないものの、夕まずめにサバが若干おとなしくなり、大型が動き出したようです。

しかし残念なのは終了時間。相乗りの方が帰り支度を始めたので、最終何時でしたっけ?と聞いたところ、5時との返答。
もう1時間あればあと1回はチャンスが来るのになと、後ろ髪を引かれつつ私もあわてて片づけました。
5時きっかりに迎えの船が来ると船頭さんが私に「後でもう一度迎えに来るからな」との言葉。気が付くと私と一緒に朝乗船した人はまだ釣りやってる・・。あれ?ここは出船・迎船を30分ずらした2WAYシステムなの?と思い、あわてて仕掛けをセットし、残ったオキアミを付けて再投入しましたが、オケやバッカンを洗ったりエサを処分したせいかアタらず。
3投やったところで今度は本当の迎えが来て終了となりました。

なお、ダンゴは初日が最近定番のブルーステージプレミアム、2日目は初めて三重チヌパールを使って見ましたが、プレミアムの方が割れのコントロールはしやすかった感じ。でも1回だけでは何とも言えずもう少し様子を見たいと思います。

今回の2日間はボーズを覚悟していたものの、2日目でドラマが味わえたので、徒労感なく帰路に着くことができました。
しかしかかり釣り時の腰痛対策という、また一つ課題が増えました。

↓ランキングに参加してますのでポチッとお願いします。
にほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村
人気ブログをblogramで分析


Category: 釣行記

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(0)

PageTop↑

二ヶ所の三ヶ所で(2日目)

2016.06.25 Sat

2日目は有岡渡船。的矢湾の伊勢志摩ロイヤルホテルに泊まったので移動が楽でした。

2号カセで大型を狙うつもりだったのですが、船頭に釣れてる方にする?と言われ、急遽湾口が見渡せるカセとなりました。
006_convert_20160625174840.jpg

カキ棚をはさんでもう一人お客さんがいたので、モーニングはせずダンゴを打つことに。
005_convert_20160625174912.jpg

今日は大潮で、上潮が湾口向きに激流となっていたので、仕掛けでダンゴを落とすと、とんでもなくずれて着底。当初の思い描いたシチュエーションと違う釣りになりそう・・・大丈夫だろうか?
大分湾奥方向にダンゴを投げて、アケミ貝も底撒きしてポイントを作りました。

ここでは去年7月の初釣行で、フグの猛攻を受けたことから、今日のダンゴはブルーステージプレミアム、コーンダンゴチヌ、紀州マッハ攻め深場をベースに薄めとしました。
朝のうちは、昨日のマンボウ同様活性が低く、何も当たりません。オモリは5Bから8Bを使用。当初は上潮のみ速かったが、途中から底潮も同調するようになり、仕方なくタングステンかフリーシンカーの1.5号で対処しました。
そのうち単発ですがダンゴ当たりが出て、オキアミ・シラサ・生サナギが取られだしましたが、サナギとコーンには反応ありません。

このまま時間だけが経過しお昼となってしまい、昨日の事が頭をよぎり焦り始めました。
その頃から、まず底潮が湾奥に流れだし二枚潮となった後、上潮も向きを変え激流となりました。このため流し釣りの練習だと思い、何度も糸を出し30メートル位先まで仕掛けを流していきました。なお、底は荒くないようでハワセても引っ掛かりません。また、試しにダンゴが割れて糸を出さず浮かせてみましたが、当たりは出ませんでした。

粘り強くやっていると、オキアミコーンで今日初めて明確な当たり!ただし引きが弱く残念ながらチャリコでした。この後仕掛けを流すパターンと、1度だけタングステンで潮下に落とし込んで、計4匹のチャリコと、この時期には珍しいカレイが釣れました。
大分潮下にチャリコがいるものの、肝心のチヌは望み薄の感じです。
ただし、今日は潮が速すぎて落とし込みが無理なので、必然的にほぼダンゴ釣りオンリーとなり、リズムがつかめボラも時間とともに定着していきました。

午後も刻一刻と時間が経過。湾奥への激流はようやく収まり、潮が一時的にゆるくなりました。その後上潮が湾口に少し流れ出した頃、それは突然の出来事でした。

ボラがダンゴを割って、激荒でそのまま待っていたら・・気がついたら瞬間的に合わせを入れていました。今日初めてまともな引き。リールが逆転し、竿で必死にこらえる。
しまった、ボラをかけてしまった。ダンゴが割れてそんなに間がなかったしなー。
魚は斜め後ろのカキ棚に逃げようとして糸がかなり斜めになります。ボラの横走りか?大分糸を出されたので、カキ棚の反対側に移動したらようやく上がってきました。十中八九ボラだろうと思っていたら・・・
「あっチヌ!」思わず声を上げてしまいました。

今日はお手上げだと思い諦めかけていたところで、本当に嬉しい1枚。
002_convert_20160625174945.jpg
3時10分、43センチ。急潮のせいか良く引きました。

ただし、チャンスはこの一度きりで、そのうち上潮が湾口への激流に変わり、底潮はやや湾奥に流れる完全な二枚潮となり、2号のフリーシンカーで対処するも、このまま5時半で終了となりました。

2日ともボーズだったら落ち込んで長野に帰るところでしたが、何とか1枚釣れて救われました。なお、今回はエサ取りが多いことを想定してダンゴを薄めにしてみましたが、2日ともエサ取りは控えめで、午前中はボラの寄りが悪かったものの、時間とともに定着し、最後まで持続する感じで、結局ダンゴの配合がどの位影響したのかは分かりませんでした。

↓ランキングに参加してますのでポチッとお願いします。
にほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村
人気ブログをblogramで分析

Category: 釣行記

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(0)

PageTop↑

 | HOME |  Next Page »

プロフィール

FINE

Author:FINE
長野県上田市から三重や能登に通う49歳のチヌかかり釣りマニアです。長野県の会社に勤務していますが、若い頃大阪支店に転勤となり、そこで同僚にかかり釣りに連れて行ってもらい、長野に帰ってきてからやみつきになりました。遠いため年間釣行10日程度、通算でも約100日と釣行回数は多くありませんが、今までの釣行歴や釣行記、はたまた他の趣味や日頃思うことなどを書いていきたいと思っています。

最新トラックバック

長野よりチヌかかり釣り

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR