ボラガンガン、しかし・・・

2017.07.15 Sat

先週、三重に久しぶりのかかり釣りに行ってきました。

初日はいつもの三ヶ所、2日目は初めて夏の白石湖にチャレンジ。
私事ながら、ここんとこ仕事でストレスが半端ない状態が続いており、一発狙いでは心が折れそうなので、手堅く釣果を出しつつ、大型も交じればいいなという選択だったのですが・・・・。
500_convert_20170715193106.jpg

結論から言うと、初日・2日目ともチヌ1枚ずつの貧果。モヤモヤ感が残る釣行でした。

2日間ともよく似た状況で、朝からボラが寄って、こりゃ爆釣かと期待するも、ダンゴが割れるとアタリが遠い。
オキアミ・シラサで、ようやくだいぶ経ってようやくエサ取りに取られる感じで、サナギ・コーンだと殆どエサが残る状況。
トントンだとスレ当たりがひどいので、ハワセ幅を大きく取ると根がかりが多く、逆にボラの上を狙うと三ヶ所は小サバ、白石湖はウグイでした。

そんな中でも、コーン、サナギコーンで単発ながら大型が掛かりましたが、三ヶ所では食いが浅いのか計4回バラシ。うち1回は完全にチヌだったのでショック倍増です。

夕方になってこれはやばいなあと思っていると、5時半に活丸サナギでようやく35センチが釣れ、ボーズ回避。
501_convert_20170715192942.jpg
その後も雰囲気ありましたがタイムアップとなりました。

白石湖では活丸サナギをハワセて長い間待っていると、竿が引き込まれ、横走りもせず竿も叩くので、よっしゃー大チヌだーと思って上げてみると、がっかりのボラ。このパターンが2回あり、攻め方も分からなくなり、4時頃30センチ弱が釣れただけで終了となりました。
1つ、トピックスと言えば、渡りガニが釣れたこと。タコは何回か釣ったことがあるけど、カニは初めて。しかも白石湖だったのでビックリしました。
502_convert_20170715193534.jpg
今回の釣行で、1つだけ良かったことはダンゴの配合。赤ダンゴチヌにしろまる・コーンダンゴチヌ、ヒロキューの生さなぎ黒鯛でやったらボラも寄ったしいい感じでした。
スポンサーサイト

Category: 釣行記

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(0)

PageTop↑

ALT-Jがヤバい

2017.04.29 Sat

ALT-Jの「This Is All Yours」がクールすぎてヤバイ・・・。
もう最近こればっかり聴いています。

yjimage.jpg

そもそも彼らを知ったのは、You-Tuveでカサビアン新作の次に出ていて、何気なく聴いたのがきっかけ。
最初に聴いたとき、自分にとって今までとは違う、うまく説明できないけど新しい感覚があった。
数曲聴いてから、ほんの試し程度で買ってみた。そしてみるみる引き込まれてしまいました。
これは自分の洋楽コレクションの中でも、相当上位にランクする、すごい作品だ。

彼らの特徴を自分なりに述べると、まずもってコマーシャルではない。幅広く受け入れられるとはお世辞にも言えない・・。
また、基本的に内省的(妻に言わせると暗い)。
でも、ヒーリング的な要素があって、ストレスフルな生活を送っている自分には、すごく癒されて心地よい。
曲調はなつかしくやさしいのに、それでいてデジタルも鳴っていて、それがやさしい曲調を損なわず、すごく効果的に使われていて、全体としてはしっかり今時の音になっている。

また、1作目と2作目の1曲目が同じ名前だったり、You-Tuveで同じ曲がboyとgirlの2パターンあって、girlは年齢制限がかかっていたりと、色んな仕掛けを施していて、彼らが理知的な人たちであることが分かる。
無理やりこじつければ、プログレの精神が今に引き継がればこんな音になるのかな。ちょっと褒めすぎか?

こんなアングラ的な作品が全英1位とは!イギリスの懐の深さ健在なり。

yjimage1.jpg
alt-J - Intro
出だしから、こいつら何?って思わせる、オープニングにふさわしい曲。デジタルの使い方が天才的。
Arrival in Nara - alt-J
普通2曲目っていうと盛り上がる曲を持ってくるのに、逆にヒーリングで和ませる。とってもいい曲です。
alt-J - Nara
2曲目に続いて奈良をイメージした曲か?ドストライクです。
alt-J - Every Other Freckle (Official Video - Boy)
girlバージョンもあるので見たい人はお好きにどうぞ。
alt-J - Left Hand Free
2曲目から5曲目にかけてだんだん強めの音になって行って、この曲でピークを迎える。カサビアンが歌っていてもおかしくない、
アルバムの中で唯一メジャー的な曲か?
alt-J - Hunger Of The Pine
8曲目。後半の展開がかっこいい。クール!

6月に新作アルバムが出るとのこと。既に2曲You-Tuveにアップされていて、発売が待ち遠しい。日本で公演やらんかなー。

↓ランキングに参加してますのでポチッとお願いします。
にほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村
人気ブログをblogramで分析


Category: 洋楽

Edit | Permanent Link | Comment(1) | Trackback(0)

PageTop↑

清水港でついに・・

2017.03.12 Sun

2年ぶりに清水へ行って来ました。HPを見るとここ数日厳しいみたいで、また休みがとれず白石湖の代替だったので、正直あまり期待してなかったのですが・・・・。
今日はエビをメインに組み立てようと思っていたら、釣具店は予約客のみ販売で、渡船店にはなく、いきなりテンションだら下がり。大粒アミエビもなく、サシエはオキアミと生さなぎのみで、不安がよぎります。
今迄の貧果を振り返って、常連さんに比べてダンゴにコテコテ入れすぎかもと考え、荒びきさなぎに若干のアミエビを混ぜ、水に浸したものと、様子を見てチヌスパイスを入れるに留めました。
今日は初めてのポイントです(後で軽金と判明)。ストラクチャーが目の前で景観は悪いが面白そう。これはエビがあったらなーと思いつつ、それでもオキアミを壁に向かって投げますが、逆風で潮も斜め手前に流れている上、引っかかったりコントロールが悪くて、上手くいきません。苦肉の策でダンゴに軽く包んで壁に投げたりもしました。足元にダンゴを落としながら、壁狙い8・直下のダンゴ釣り2の割合で攻めましたが、オキアミがたまに取られるものの、当たりは殆ど皆無。また、風で舟が揺れて釣りづらい。1度だけ、壁狙いの置き竿が引き込まれ、もしやと思ったけど大き目のフグ。こんなんで午前中は終わってしまいました。まあ、想定内だけど・・。
12時になったところで、まるで時刻を知ってるかのごとく、いきなり明確なダンゴ当たり!もしやチヌか?割れた後も微妙に触ります。この回はダメでしたが、その後ダンゴ当たりがあったりなかったりとなりました。ここで壁狙いはやめてダンゴに集中することにしました。1度しつこく当たるいやらしい当たりがでましたが本当たりは出ず。チヌだったか、ボラだったか?
1時半、激しいダンゴ当たりの後、竿が引き込まれました。今日初めてまともな引き。首を振ってる感じあり期待。チヌかボラかどっちだ?
う~ん細長い。やっぱりボラでした。その後当たりが遠ざかり、ポーズのパターンに・・。
ちなみに今日も白石湖で実績が上がってる3本竿です。この時間帯は真ん中の竿にオキアミを付けて集中してました。左の竿は大きくハワセて放置。エサは多分今日全然あたらない生さなぎ・・、エサを忘れるほど長い間放置していました。
すると・・・気がつくと、左の竿がいきなり海中に突き刺さっている!!
何が起こったか考える間も無くやり取り開始。これはさっきより首を振らない。ボラか?それとも・・・?まさか・・・?どっちだ?
見えた!チ・チ・チヌだーー!でかい!
無事タモ入れも完了。


実寸ジャスト50センチ!生まれて初めての年なし達成!でっぷりと太った美しい魚体です。数分前まで諦めムードだっただけに、にわかに信じられません。2時ジャストでした。
興奮冷めやらぬまま、釣り再開。どうやら生さなぎの超ロングインターバルが正解のようです。
2時40分、今度は右の竿のエサを付け替えようと持ち上げると、居食い!今度はそんなにでかくないなと、余裕のやり取りで40センチをゲットし、納竿となりました。
近年は、相当気合いを入れて年なしを目指して、ことごとくダメだったのに、期待しない場所で思わぬ展開で、念願の初年なしを手中にするとは・・と、若干放心状態のまま帰路に着きました。

Category: 初ブログ

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(0)

PageTop↑

下諏訪の温泉とラーメン

2017.02.09 Thu

三重への釣行途中で下諏訪温泉「旦過の湯」と「ハルピンラーメン」を満喫してきました。
ここの熱い湯は相当根性入れないと入れない。48度位あります。少し熱い湯は44度で気持ち良かった。
次は諏訪では有名なハルピンラーメンへ。ピリ辛系なんだけど、その中にも甘みがあったりして深い味で、最高に美味かった。
思わず帰りにも寄って帰りました。

Category: 初ブログ

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(0)

PageTop↑

白石湖でのラスト1投

2017.02.09 Thu

今年もやって来ました、白石湖。
5号カセを予約しましたが、今は山水前が好調で湾奥はイマイチとのことで、不安になります。
朝の落とし込みはヘダイが1匹のみでダンゴ釣りに移行すると、ボケとカキには反応あるが、オキアミは残ってきて全体的には活性低い。
9時50分に17センチのチンタが釣れたがこれはノーカウント。結局初日はこれと20センチのチンタキビレのみで期待外れ。今年はチンタが多いみたい。
今年はダメかもと思いつつ2日目。ダンゴをイエローステージプレミアムから、いつものブルーステージプレミアムに戻すと、濁りは少ないが割れのタイミングは格段に取りやすい。スタートは昨日と同じような感じでしたが、試しに買ったヒロキューの「生さなぎ黒鯛」を入れたらこれがビンゴ!濁りは出るし匂いもいいし、握り易さも損なわない。
結果、昨日と同じく9時50分、25センチながら1枚釣れ、何とかポーズ回避です。エサはオキアミをチヌにこれだに付けた1匹刺しです。この後しばらくしてちょっとましな32センチをゲット。
ダンゴ当たりもコンスタントに出ていい感じ。ただし食い込みが浅いので、針を2号に落としたところ、ひったくるアタリで小型ながら狙い的中。ボケもそれらしき前アタリはでますが食い込みません。仕掛けは全てゼロのU字釣法です。
お昼の時間帯にまでに4枚となりましたが、白石湖だけに釈然としない感じ。この後ダンゴ当たりが単発となり、釣れる魚もヘダイに変わってしまいました。今度はエサをさなぎのかけら刺しに変えたとたん、今回初めて重量感のある引きで、やっと白石湖サイズが釣れたかと思ったら、大ウグイ。この後ウグイの連発です。
時間の経過と共に、チヌの気配はなくなっていき、タイムアップが迫ります。4本竿を減らしていって残り2本、ついにあと5分のところで思いがけないことが起こります。
早く竿を上げてラスト1投と思ったら何か竿が重い。あれっ?と思う間もなく、いきなり重量感ある魚の引きが伝わります。まさかまさかと思いつつ、カキ棚方面には行かなかったので、丁寧にやり取りし、浮いてきた魚は・・・
よっしゃーチヌだー!
44センチ。年なしではなかったけどメチャクチャうれしかった。
やっぱり白石湖は裏切らなかった。これで白石湖の戦績は16勝6敗となりました。

Category: 初ブログ

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(0)

PageTop↑

八千穂高原

2016.10.23 Sun

「信州紅葉」で検索して、なかなか良さげだった佐久穂町の八千穂高原へ行ってきました。自宅から1時間10分程で到着。

まずは「自然園」へ。駐車場は県外ナンバーばかり。結構有名なのでしょうか?
017_convert_20161023191608.jpg

024_convert_20161023195140.jpg

010_convert_20161023202259.jpg

018_convert_20161023195737.jpg

021_convert_20161023195940.jpg
女房におにぎりとお弁当を作ってもらって、ベンチで食べました。すごい癒された。

↓これは「自然園」を出たところの橋から撮影。皆、車を降りて写真撮ってました。
028_convert_20161023201352.jpg

027_convert_20161023201208.jpg

次は「白駒の池」と苔の原生林へ。標高2,000メートルです。
気温10度、森の中はひんやりしていてちょっと寒かった。夏に来たら最高だなと思いました。
034_convert_20161023203226.jpg

038_convert_20161023203425.jpg

八千穂高原の感想は・・・あんまり知られていないのでちょっと不安だったけど、めっちゃ良かった。
灯台下暗し。今まで地元の紅葉なんてわざわざ見に行こうと思わなかったので、新たな発見でした。

この後、メルヘン街道から蓼科高原へ出て、「小斉の湯」に浸かって帰ってきました。
八千穂高原から蓼科高原まで紅葉のオンパレードで、我ながらすごくいいドライブコースを発見したと思いました。

↓ランキングに参加してますのでポチッとお願いします。
にほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村
人気ブログをblogramで分析



Category: その他諸々

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(0)

PageTop↑

天気は豪雨、釣果は晴れ?(FCマンボウ2日目)

2016.09.19 Mon

マンボウ2日目は1日中弱雨の予報。幸い渡船時はまだ曇り。
カセに上がると、昨日撒いた残りエサでのモーニングを期待して、丸貝・両貝・カメジャコを落とし込むも反応ありません。

するとポツリポツリ雨が来たと思ったら、一気にバケツをひっくり返したようなどしゃぶりに。どこが弱雨なんだと思いつつ、あわててパラソルをセットするも、風が吹き荒れパラソルが飛ばないよう押さえているのが精一杯で、とても釣りどころではありません。このまま30分位、戦意喪失したままパラソルを抑えていたところ、ふと巻き取り式のロープを持っていることに気づき、急いでパラソルとカセをロープで結び、何とかパラソルの安定に成功しました。

こんな状況なので広角はできずダンゴ釣りに専念。またバッカンの端から水が入り込み、必然的にやわらかダンゴになったので、シラサからスタートです。

すると昨日とは違い早い段階でボラの反応が出て、すぐに定着しました。シラサも割とハッキリとした当たりで、20センチ強の小チヌが釣れました。型には不満ですが、昨日が昨日だっただけにまずは一安心です。昨日前方のカセにいた群れが移動してきたのか、その後もエビらしい当たりで、開始1時間半で小チヌが5枚となりました。

潮は右から左にゆっくりと流れており、エサが浮くとアジとフグにやられるので、オモリはBから3Bを使用。ハワセると根掛かりするので、トントンを基本としました。
風はいくぶん収まったものの、相変わらず強い雨が続いていましたが、これが魚の活性を高めた感じ。今日はこのパターンだと割り切って、秋の数釣りを楽しもうと思いました。
ただ、思惑通りに事は運ばず、段々と当たりが難しくなってきて、チヌはたまに釣れる程度に。エサは相変わらずシラサで、昨日ボラ?が食った激荒には無反応です。
↓これはその中の1枚で、針が目の上に刺さったチヌ。珍しくて思わずパシャリ。
002_convert_20160919214210.jpg

9時頃になると、どうも竿下の状況がおかしくなってきました。まず、今日一番のサイズだと思ったら30センチ強のヘダイ。次に来たのがアイゴ。仕舞いにはオニカサゴが釣れる始末。こんなんで11時頃まで停滞してしまいました。

お昼を回ると底潮が動かず、上潮だけが左に行く2枚潮に。
12時40分、オモリを4Bにして、シラサ・コーンでダンゴ割れ後、上潮の方向に竿をゆっくり移動させると・・ガツン!
来ました、昨日同様強い引きが。昨日の反省から極力イトを出さず、向こうが行くときだけ最低限出してやり取り。一度後ろに行きかけたので、手を目いっぱい伸ばして対処すると、何とか上がってきました。濁った海にチラっと見えたのは白い魚体。やっぱりボラか、でも幅があったような・・・。
そして海面に現れたのは・・・。


004_convert_20160919214150.jpg
チヌだ!よっしゃ、大きい。やった、検寸すると46センチありました。
今日は良型は釣れないと思っていたので、久々にうれしい1枚です。

その後は、また元のサイズに逆戻りし、たまにポツポツ追加していきました。
その間、2回強い引きを味わい、だんだんやり取りのコツがつかめ、正体が分かったものの、2匹ともボラ。途中までの引きは、先ほどのチヌとほとんど区別がつかなかったが、ボラの引きは途中から強靭になり、1匹目は海面近くで遠くに横走り。2匹目はボラと現認できました。

3時頃からチヌかエサ取りなのか、当たりがややこしくなり、アワセてもことごとく乗らず、長時間停滞。夕方にハリを2号から1号に落として1枚追加するも、14枚で納竿となりました。
009_convert_20160919214233.jpg
今日は数釣りも良型も釣れて、久々に充実した1日。何よりボラが1日活発で飽きませんでした。また個人的な意見として、やっぱりダンゴはブルーステージプレミアムが、コントロール性の良さから一番好きかなと思いました。

↓ランキングに参加してますのでポチッとお願いします。
にほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村
人気ブログをblogramで分析

Category: 釣行記

Edit | Permanent Link | Comment(2) | Trackback(0)

PageTop↑

ボラ?チヌ?どっちだ(FCマンボウ1日目)

2016.09.19 Mon

今月はシンプルにかかり釣りを楽しもうと、一番慣れたマンボウに2連チャンしてきました。

深江浦の渡船場からほぼ正面の、後ろに障害物のあるカセに上げてもらいました。
003_convert_20160919213123.jpg

丸貝で数投したものの反応なく、ダンゴとシラサ底撒きにアケミプリン撒きもして場を作ってから、シラサ・カメジャコ・カニを周囲に落とし込んでみますが、たまにエサ取りが当たる程度でチヌの反応はありません。
ダンゴ釣りに切り替えると、予想に反して魚の活性は低くボラもいない状況。オキアミ・シラサには、大分経ってからアジやフグが掛かるようになりますが、サナギ・コーンには反応ありません。

また、今日はいつものブルーステージプレミアム1箱に、新発売のイエローステージプレミアム1箱をプラスしてみましたが、やや水分が多かったせいか、割れがいくぶんシビアに感じられました。

厳しいなあと思いながらダンゴ釣りに広角を交え続けていると、ようやく9時頃に単発ながらボラの反応が出だしました。しかしチヌの反応はなく、午前中は終了です。
今日は大潮で潮はそこそこ右に流れていましたが、昼ごろになってようやく潮が緩んで、ボラもほぼ定着してようやく雰囲気が出てきました。

ここで試しにエサをアケミの半貝にしてみると、モゾモゾ触って来ます。オッと思って勘で合わせますが乗りません。でもアケミの撒餌が効いたのか、このエサが今日の中では一番チャンスありそう。そして何回か他のエサをはさんで半貝を試していると、ダンゴが割れて大分経ってからいきなりガツン!と乗りました。
これはいい型だ、チヌかボラか・・?取りたいと思いましたが、中々の強引きで何回もイトを出され、そして最後は後ろの障害物に突っ込まれてラインブレイク。2号針でアケミ半貝なので、針ハズレを恐れてイトを出し過ぎたのがいけなかった・・・。

その後1~2時間してからでしょうか、今度は激荒をハワセていると再びガツン!
今度はイトを出されないよう竿でためていたら、フッと軽くなってしまい針ハズレです。
それからまたしばらくして、激荒で同じパターンにヒット!今度は取れる、中型だが今度こそチヌ・・と思っていたら、ガーン!ウグイでした。

これで一気に自信をなくし、今年はマンボウでスランプだなあ、などと考えながら時間が経過します。幸いにもボラの活性は右肩上がりで、いつ来てもおかしくないのですが・・。

そして5時15分、ラスト1投。再びガツン!
来たあー最後に激荒で、と思ったのですが、強引きで後ろに潜られてラインブレイク。こんなに強い引きは多分ボラだと思いつつ、姿が見たかった・・。

初日はこれで終了。前方の釣り人が小型ながら数釣っていたので、よけい落ち込みました。

↓ランキングに参加してますのでポチッとお願いします。
にほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村
人気ブログをblogramで分析

Category: 釣行記

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(0)

PageTop↑

夏休みの能登島で

2016.08.10 Wed

待望の夏休みは三重で大型狙いの予定でしたが、息子が日帰りなら一緒に行くと言うので、急遽行き先を能登島に変更し、数狙いに行ってきました。能登島は朝一から釣れることが多いので、初心者にも飽きずに楽しんでもらえるだろうとの考えです。

今日の釣り客は自分たちだけ。得意な沖の筏を予約しましたが、下された場所は水族館前の筏。ここは筏が一基しかなくのんびり出来そう。後で聞いたら、沖は今なぜか小潮でも潮が異常に速くて、釣りづらいとのことでした。

003_convert_20160810154034.jpg
↑のとじま水族館が目の前です。

初めての場所なので水深を計ると18メートルと意外に深い。でも潮は流れてない様子。
今日は息子にチヌを釣らせるためホスト役に徹するつもり。早速、激荒・アケミ貝の撒き餌をしてから、息子に激荒でタングステンの落とし込みをやらせてみました。沖の筏ではこの釣り方で高確率で来るのですが、アタリはなく目論見が外れてしまいました。

しばらくやっても反応がないようので、今度はダンゴ釣りをやらせてみます。息子はダンゴが途中で割れたり苦戦してましたが、底についてもアタリはないとのこと。しばらく息子にコーチしてから自分の釣りを開始しますが、予想に反してアタリは遠いようです。

息子は早々に眠くなったと言って休憩してしまい、自分だけで釣り続けていると、それは7時でした。
激荒で少し待っていると突然竿先がおじきするアタリ!合わせるとまずまずの引き。冷静にやり取りし上がってきたのは・・・

001_convert_20160810153951.jpg
43センチ、白っぽいチヌでした。やはり朝の釣果率では能登島は鉄板です。
でも40センチ以上は逆に"狙い"じゃなかったので意外な感じ。また、息子がまだ1匹も釣ってないので、正直あまりうれしくありませんでした。

この後、しばらくアタリが遠かったものの、オキアミはアタリが分からず取られるようになり、また数投に1回単発でダンゴアタリも出だしました。そして8時、ついにオキアミコーンで狙いの25センチが釣れ、その後コーンでも同型を追加しました。でも押さえ込みのアタリは出ず、微妙で迷うようなアタリを勘で合わせたものです。

釣れ出したぞといって息子を起こし、釣りを再開させるも、アタリは渋いか遠いままで、そう簡単に初心者が釣れるシチュエーションにはなりません。エサの取られ方はオキアミ100%、コーンは半々、サナギは殆ど取られずといったところ。10時までに自分だけポツポツと20~30センチを5枚ほど釣ったところでオキアミも取られなくなりしばし休憩。この間釣ったエサ取りはヒイラギ1匹のみでエサ取り少なく、潮も動かないので、トントンでもOKな感じ。釣れればチヌの感じなのですが・・・。

11時すぎから北よりの風が吹き出し、沖から波が寄せて来て釣りづらくなったので5Bのベタオモリで対処しますが、元々微妙なアタリに波も加わり、ますます食いアタリが分かりません。
12時半頃に風は収まりました。相変わらずいやらしいアタリしか出ないものの、サナギも取られるようになり、チヌの気配はアリアリ。今日は息子がエサを付けやすいよう、4号針を使っていましたが、ここで一気に1号に落としてみました。すると少し効果があったようで微妙なアタリながら2枚飲ませて追加しました。
息子にチャンスだよと言って自分の釣り座を譲り、息子も真剣にやりだすと、ついに小さいながらも息子にも初チヌが来ました。
その後再び風が強くなったのと、日帰りのため2時半上がりとし、納竿間際に息子がもう1枚釣って、終了となりました。

006_convert_20160810170111.jpg
結局、43センチと20~30センチを息子と合わせて11枚の釣果。入れ食いとはならなかったけど、チヌはいるのに食いが渋く、逆にテクニカルで楽しかった。また水族館前の筏は潮がゆるく釣りやすいのと、周りに筏がなく独り占め感があって、またセレクトしたい場所になりました。

↓ランキングに参加してますのでポチッとお願いします。
にほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村
人気ブログをblogramで分析

Category: 釣行記

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(0)

PageTop↑

腰の痛みに耐えた2連釣

2016.07.18 Mon

7月は近年大型狙いばっかりで、今年も懲りずに年無しを求めて紀東方面へ。

初日は古和浦の、まるよし渡船にお世話になりました。
4時半、渡船に乗り込んで釣り場に向かう時、いきなり「ギクッ」と強烈な痛み!
やばい、腰をやった・・・。だいじょうぶか?これで釣りができるだろうか・・・?
他のお客さんがいたので、何食わぬ顔で西浦の筏に上がりました。
015_convert_20150712111534.jpg
腰が痛いけど6時間もかけて来たのにおいそれと諦める訳にいきません。幸いギックリ腰じゃあなさそうで、やせ我慢して1日を過ごすこととしました。

モーニングではオキアミ、カメジャコにエサ取りの反応があったのみで、6時半にダンゴ釣りスタート。
朝のうちはダンゴアタリなく、オキアミはしばらくするとエサ取りがアタリますが、それ以外のエサは取られません。
エサ取りの正体は底がキュウセンベラ、中層はサバ。そのうちたまにダンゴアタリが出だしますが、ボラではなくエサ取りが突いている感じ。
ボラが寄るまでの辛抱と一定のリズムで打ち返しますが、いっこうに状況が好転しません。
途中から遠投、落とし込み、宙切りを試したり、ダンゴのインターバルを取ったり、休めたり・・・色々試すも効果なし。
夕まずめに期待するも、終日オキアミは100%取られて、その他のエサは全く取られず中間のエサが見当たりません。
結局、何のドラマもないまま撃沈してしまいました。

2日目は年無しがよく釣れている尾鷲天満浦の岩本渡船で勝負です。
腰は相変わらず悲鳴を上げてますが、年無しを釣るためには少々の痛みは我慢です。
huukeikowari_convert_20080224135226_convert_20160718152951.jpg
5時半に出船し、2年前の初釣行より沖側の古里前の養殖コワリに下されました。
同じコワリの別コーナーには既に先客が・・・。この時1番船で出船したのに変だな?と思いましたが、慣れない釣り場なので深く考えず釣り開始。そして、これが後々失敗を招くことに・・・。

養殖コワリについては最近のチヌ倶楽部の読み過ぎで、ネリエと宙切りが頭に浸みついてしまい、ネリエの落とし込みからスタートするつもりだったけど、先客が既にダンゴを打っていたのと、船頭からベタ底のダンゴ釣りだと言われたので、自分もそそくさとダンゴを打って正攻法で行くことにしました。

やってみると昨日の古和浦同様、オキアミは餌食に、それ以外は見向きもしない状況。
エサ取りはサバで中層から底までびっしりいる様子。ダンゴ当たりはあったりなかったりですがボラではなく、ストロークが速くて軽いアタリで、割れるとすぐエサに食いつくので、サバがダンゴを突いている様子。ハワセてもオキアミが少し持つ程度で、それ以外はいくら待っても取られない。試しにネリエで落とし込むと、上層でエサ取りにやられてしまう。

午前中は期待薄だと思ったら眠くなって、10時に30分ほど仮眠しました。
その後も全く状況は変わらず、2日間とも全くいいところがありません。退屈な釣りで、3時を回ると再び睡魔が・・・。

するとそれは突然の出来事でした。
一瞬の事でエサやアワセは覚えてませんが、いきなりのヒット!
これは超大物、チヌなら間違いなく年無し!竿も叩いています。
左手を竿に添えて強烈な引きに堪えますが、ドラグ付リールから糸が何度も引き出されます。
つい今しがたまで眠気に耐えて釣りをしていたことを考えると信じられない。相乗りの方「ここはいきなり来るんよ」。
とにかくやたらと重くて中々巻かせてくれない。
文字通りの格闘をしていると、イトがコワリの網に擦れだした・・。
やばいと思いながらもやりとりをしていると・・・フッと軽くなってしまいました。
あー、千載一遇のチャンスを逃したー。仕掛けを見ると3号が切られていました。
相乗りの方が「大マダイやな」と。たしかにチヌならいくら年無しでもあそこまで引きは強くないはず。3時40分でした。

気を取り直して、当たりエサであるボケを、エサ取り対策でアケミ貝の殻に包んでぐるぐる巻きにして、ここぞとばかりに投入。
釣り方は、大型狙いかつダンゴ釣りが有利と判断した場合に最近やっている、二本竿の両ダンゴ釣法です。
するとしばらくして片方の竿が引きこまれました。作戦成功です。
今度はチヌなら40センチ台か?少なくとも取れそうな感じです。だけど引きがどうもおかしい、途中から重くなってきて竿も叩かない・・上がってきたのは、残念!ブダイでした。
この後もオキアミコーンで、いきなり竿がギュイーンと入ったものの、しばらくやり取りしてバラシ。
ボラは寄っていないものの、夕まずめにサバが若干おとなしくなり、大型が動き出したようです。

しかし残念なのは終了時間。相乗りの方が帰り支度を始めたので、最終何時でしたっけ?と聞いたところ、5時との返答。
もう1時間あればあと1回はチャンスが来るのになと、後ろ髪を引かれつつ私もあわてて片づけました。
5時きっかりに迎えの船が来ると船頭さんが私に「後でもう一度迎えに来るからな」との言葉。気が付くと私と一緒に朝乗船した人はまだ釣りやってる・・。あれ?ここは出船・迎船を30分ずらした2WAYシステムなの?と思い、あわてて仕掛けをセットし、残ったオキアミを付けて再投入しましたが、オケやバッカンを洗ったりエサを処分したせいかアタらず。
3投やったところで今度は本当の迎えが来て終了となりました。

なお、ダンゴは初日が最近定番のブルーステージプレミアム、2日目は初めて三重チヌパールを使って見ましたが、プレミアムの方が割れのコントロールはしやすかった感じ。でも1回だけでは何とも言えずもう少し様子を見たいと思います。

今回の2日間はボーズを覚悟していたものの、2日目でドラマが味わえたので、徒労感なく帰路に着くことができました。
しかしかかり釣り時の腰痛対策という、また一つ課題が増えました。

↓ランキングに参加してますのでポチッとお願いします。
にほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村
人気ブログをblogramで分析


Category: 釣行記

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(0)

PageTop↑

二ヶ所の三ヶ所で(2日目)

2016.06.25 Sat

2日目は有岡渡船。的矢湾の伊勢志摩ロイヤルホテルに泊まったので移動が楽でした。

2号カセで大型を狙うつもりだったのですが、船頭に釣れてる方にする?と言われ、急遽湾口が見渡せるカセとなりました。
006_convert_20160625174840.jpg

カキ棚をはさんでもう一人お客さんがいたので、モーニングはせずダンゴを打つことに。
005_convert_20160625174912.jpg

今日は大潮で、上潮が湾口向きに激流となっていたので、仕掛けでダンゴを落とすと、とんでもなくずれて着底。当初の思い描いたシチュエーションと違う釣りになりそう・・・大丈夫だろうか?
大分湾奥方向にダンゴを投げて、アケミ貝も底撒きしてポイントを作りました。

ここでは去年7月の初釣行で、フグの猛攻を受けたことから、今日のダンゴはブルーステージプレミアム、コーンダンゴチヌ、紀州マッハ攻め深場をベースに薄めとしました。
朝のうちは、昨日のマンボウ同様活性が低く、何も当たりません。オモリは5Bから8Bを使用。当初は上潮のみ速かったが、途中から底潮も同調するようになり、仕方なくタングステンかフリーシンカーの1.5号で対処しました。
そのうち単発ですがダンゴ当たりが出て、オキアミ・シラサ・生サナギが取られだしましたが、サナギとコーンには反応ありません。

このまま時間だけが経過しお昼となってしまい、昨日の事が頭をよぎり焦り始めました。
その頃から、まず底潮が湾奥に流れだし二枚潮となった後、上潮も向きを変え激流となりました。このため流し釣りの練習だと思い、何度も糸を出し30メートル位先まで仕掛けを流していきました。なお、底は荒くないようでハワセても引っ掛かりません。また、試しにダンゴが割れて糸を出さず浮かせてみましたが、当たりは出ませんでした。

粘り強くやっていると、オキアミコーンで今日初めて明確な当たり!ただし引きが弱く残念ながらチャリコでした。この後仕掛けを流すパターンと、1度だけタングステンで潮下に落とし込んで、計4匹のチャリコと、この時期には珍しいカレイが釣れました。
大分潮下にチャリコがいるものの、肝心のチヌは望み薄の感じです。
ただし、今日は潮が速すぎて落とし込みが無理なので、必然的にほぼダンゴ釣りオンリーとなり、リズムがつかめボラも時間とともに定着していきました。

午後も刻一刻と時間が経過。湾奥への激流はようやく収まり、潮が一時的にゆるくなりました。その後上潮が湾口に少し流れ出した頃、それは突然の出来事でした。

ボラがダンゴを割って、激荒でそのまま待っていたら・・気がついたら瞬間的に合わせを入れていました。今日初めてまともな引き。リールが逆転し、竿で必死にこらえる。
しまった、ボラをかけてしまった。ダンゴが割れてそんなに間がなかったしなー。
魚は斜め後ろのカキ棚に逃げようとして糸がかなり斜めになります。ボラの横走りか?大分糸を出されたので、カキ棚の反対側に移動したらようやく上がってきました。十中八九ボラだろうと思っていたら・・・
「あっチヌ!」思わず声を上げてしまいました。

今日はお手上げだと思い諦めかけていたところで、本当に嬉しい1枚。
002_convert_20160625174945.jpg
3時10分、43センチ。急潮のせいか良く引きました。

ただし、チャンスはこの一度きりで、そのうち上潮が湾口への激流に変わり、底潮はやや湾奥に流れる完全な二枚潮となり、2号のフリーシンカーで対処するも、このまま5時半で終了となりました。

2日ともボーズだったら落ち込んで長野に帰るところでしたが、何とか1枚釣れて救われました。なお、今回はエサ取りが多いことを想定してダンゴを薄めにしてみましたが、2日ともエサ取りは控えめで、午前中はボラの寄りが悪かったものの、時間とともに定着し、最後まで持続する感じで、結局ダンゴの配合がどの位影響したのかは分かりませんでした。

↓ランキングに参加してますのでポチッとお願いします。
にほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村
人気ブログをblogramで分析

Category: 釣行記

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(0)

PageTop↑

二ヶ所の三ヶ所で(1日目)

2016.06.20 Mon

自分の一番好きな盛期に突入!
久しぶりのかかり釣りなので、初日マンボウで手堅く釣果を出し、2日目は有岡渡船でより大型を狙おうとの魂胆でしたが、そうは問屋がおろさなかった・・・。

まずはマンボウから。深江浦の潮が中間くらいのカセに上がりました。
まずは丸貝、その後シラサ・カメジャコ・カニとエサを変え、タングステンで色んな所に落とし込むも、カメジャコに1度エサ取りが当たったのみで、ダンゴ釣りに切り替えます。

今日のダンゴはブルーステージプレミアム2箱をメインにコスパ重視の配合です。
朝一は予想に反して魚の活性が低く、また珍しく上潮が速くコロコロと流れが変わり、二枚潮になったりと釣りにくい状況です。
ダンゴアタリが弱々しくボラが定着せず、大分経ってからようやく、合わせどころがない渋いアタリで、エサが取られる状況で、時間だけが経過していきます。
トントンだと小サバなので、ハワセると底が荒くカキ殻に引っ掛かることしばしば・・。
結局、午前中はまともな魚は1匹も釣れませんでした。

トントン・ハワセ・流し釣り・落とし込み・宙切りを、エサを変えオモリを変え、自分なりに思いついたことはすべて試したものの効果なく、爆釣のはずが、やばいパターンとなってきました。それでもボラは徐々に定着し、ダンゴの割れるタイミングも掴めて、いつかはチヌが来ると思ったのですが・・・。

午後2時頃、ボラの上にチヌがいるかもと思い、ダンゴが割れた後、シラサを手一杯持ち上げてから落とし込むと、明確なアタリ!
今日初めてのまともなやり取りでしたが、残念ながらアイゴでした。

2時半頃、いきなり竿が押さえ込まれたが、引きが軽い・・。フグかチャリコかと思いましたが、上がってきたのは20センチのチンタ。これはノーカウントで重苦しい気持ちは変わりません。

その後しばらくして、激荒を右に流して大分待ったところでアタリ!
今度はさっきよりましな引きで、ようやくチヌが釣れたと思ったら、上がってきたのは中型サバ。サバが激荒食うなよとうらめしい・・・。
また、時間は忘れたけど。逆に左に大分流したところでアタリがあり、チヌは潮下遠くにいたかと思ったら、全然首を振らず上がってきたのは大ナマコでガックリ。
今日は全く良い所なしです。まだ来たのが早かったのか?

4時、合わせると横走り。すぐボラだと分かりましたが、今まで経験したことがないような強烈な引きだったので、よし上げてやろうと思い、何度もイトを出されつつ、格闘の末ガイドを2節折ってようやく引き上げたのは、ひょっとして80センチもあろうかという巨ボラ、というかここまでいくとトドのつまりのトドでした。
001_convert_20160620230830.jpg

これでボラの活性が一気に落ち、ダンゴ釣りの雰囲気が悪くなったので、5時から丸貝とイ貝の落とし込みに切り替えるも反応はありません。
5時半、激荒に変えて落とし込むとモゾモゾの後、アタリが出るもアワセ損ないハリ外れ。試しにもう一度やりましたが、警戒したのか今度はアタリません。
もう最後はカメジャコに賭けるしかないと思い落とし込むと、モゾモゾアタリが続いた後、グンと穂先が入ったので合わせると、一瞬乗ったと思ったが、すぐ軽くなってしまいました。
ラスト1投、もう一度カメジャコを落とすと、同じモゾモゾアタリの後、本アタリ!
今度こそフッキングに成功。でも引きがおかしい。上がってきたのは・・ハコフグ。なんだ、こいつがさっきから悩ましいアタリを出していたのかと思い、力が抜けてしまいました。

結局初日はこれで終了。今日の深江浦はどうも自分の知る深江浦と違った感じ。そんな中、今自分のできることはやりきった感はあるものの、明日も三ヶ所だけに2日目に向けて不安が募る内容となりました。

↓ランキングに参加してますのでポチッとお願いします。
にほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村
人気ブログをblogramで分析

Category: 釣行記

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(0)

PageTop↑

かかり竿で佐渡島へ

2016.05.04 Wed

5月3日、かかり竿を持って佐渡島へ行ってきました。

普段GWには釣りに行かないけれど、3ケ月釣りをしなかったら我慢の限界!とにかく釣りがしたかった。

そんな中で佐渡にしたのは2つ理由があって、まずかかり釣り場に遠征するのは時期的にリスキーだけど、佐渡なら出船の直江津港までは1時間半で行けることと、それから佐渡と言えばフカセ釣り師にとっては憧れの地で黒鯛の魚影の濃い所だけど、それなら最近気になっている堤防かかりはどうなのか、夏に向けて探りたかったこと。
とはいっても、かかり(ダンゴ)で釣れる時期ではないので、仕掛けはいつものかかり用と、見よう見まねで作った全遊動ウキ仕掛けの2セットを用意し、コマセも初めてフカセ釣り用を4袋とオキアミ3kgを買い込みました。

というわけで、場違いのかかり竿を持ってフェリーに乗り込み、早朝の4時40分に本日限りの臨時便で直江津港を出船。普段は9時半の便しかないので日帰りなら4時間しか釣りができません。
また、車も乗せれば割引を使っても往復約2万とメチャ高なので、人間様だけ乗り込みます。
001_convert_20160504183834.jpg

6時20分に小木港に到着。釣り場は事前に航空写真やグーグルマップを使って念入りに下調べ。小木はフェリーの発着する外の澗と、漁港のある小規模な内の澗の2ケ所に分かれますが、、まずはマイナーな方の内の澗に向かいます。

が、ここで大誤算!!コマセが重すぎていきなりの難行苦行。約1kmの道程を少し行っては休み、少し行っては休みを繰り返し、ようやく東側の防波堤までたどり着きました。

堤防を見て回ると、かなりの浅瀬で海はスケスケ、どこもかしこも藻が延びています。いかにも黒鯛の産卵場といった雰囲気で、1匹だけ黒鯛っぽい魚影も見えました。堤防かかりには不向きだけど、苦労して折角来たので、先端のテトラで足場が確保でき、少しだけ藻が薄い場所があったので、とりあえずそこで竿を出すことにしました。
005_convert_20160504183940.jpg
まずはフカセ釣りのコマセを打つ。これは何とかクリア。次にウキ仕掛けの投入を試みますが、フカセ釣りは全くの素人で予行演習もない中で、うまく仕掛けが振り込めません。そこで今度はエサをダンゴに包んで投入するも、支点がダンゴとウキの2ケ所に分散するので、遠くに投げられません。また、しばらくすると仕掛けが手元に寄って来て藻に引っ掛かってしまいます。そんなこんなで悪戦苦闘していると、いつの間にか木っ端グレが掛かってきました。また、上層には小魚も群れています。

ウキ釣りを諦めて今度はかかり釣りの仕掛けでダンゴを投げ、海面で自爆させ落とし込んで行くと多少マシな感じですが、しばらくすると結局仕掛けが引き戻され、藻に引っ掛かります。そのうち糸が絡んだりして、久々にダメダメの感じになってきたので、この場所を諦めることとしました。

次に向かったのは堤防近くの無名の地磯。ここも浅くてスケスケで、試しに藻が切れている所にコマセを打ってみましたが、魚の気配は皆無だったので、竿を出さずに後にしました。
008_convert_20160504184017.jpg

ここから外の澗に引き返したのですが、バッカンが全然軽くなっておらず、腕がパンパンで20~30メートル歩くのが限界、気温も上がって汗ダクダク。今度来るならキャスターは必須だと痛感しました。

ヘロヘロになりながら、11時頃もう一つの本命と踏んでいた、外の澗の西突堤にやってきました。
ここは全長が1km近くある立派な堤防。こんな堤防は、本州(上越地区)なら鉄条網があったりして、物理的に入れないとこばっかりだけど、ここは形ばかり立入禁止の柵はあるけど、簡単に入れてノープロブレム。
010_convert_20160504184044.jpg

ポイントは内向きですが、付け根から200~300Mは浅くて釣りはできません。
013_convert_20160504184114.jpg

014_convert_20160504184144.jpg
カーブを曲がってしばらく行くと、だんだん釣りに適した水深になってきていい感じ。藻も生えておらず、ここなら堤防かかりができそうです。最初からこっちに来とけばよかった。
ちょうど段差になって角が出来ている所を釣り座としました。他に釣り人はほとんどおらず、最高です。
015_convert_20160504184211.jpg
ダンゴはフカセ釣り用でもオキアミがを入れたことで粘りがあるので、何とかいけそうです。それを15個程落として仕掛けをセット。
海面まで4M位あるのと少し風があるので、TYPE3の穂先で8Bのオモリをつけました。

まずは第1投、しばらくして着底したと思ったら、またリールから糸が出て行きました。どうやら手前から少し先が深くなっているようです。水深は7~8M位でしょうか。2投目は水面で自爆させ、そこから落とし込んでみることに。8Bだと充分穂先でアタリがとれます。するとしばらくしてコンコンと明確なアタリ!合わせると中型アジでした。
次はダンゴを底で割ってから誘い上げるとまたまたアタリ!今度は25センチクラスのグレでした。
内の澗がショボかったので、アタリがあるだけで嬉しくなります。
エサはオキアミ・オキアミコーン・ボイル。その後も落とし込みか誘い上げでアジとグレが連発です。今度はエサを食い渋りイエローに変えると、底でソイの小さいのが食いついてきました。
016_convert_20160504184252.jpg
お昼頃、風も収まったので、オモリをゼロから5B、タナもベタ底からトントンなど色々試します。ハワセると根掛かりもしますが気になるほどではありません。ここは堤防のつなぎ目が外と内の水道となっているようで、仕掛けが割れるとゆっくりそのつなぎ目に向かって流れて行きます。
この頃、いかにも黒鯛フカセ釣りのベテランと行った方が来て、自分より手前に釣り座を構え、しばらくすると何度か竿を曲げて小型ながら魚を取りこんでいました。

2時頃だったでしょうか、ゼロのU字釣法でうまいことダンゴが割れて流していったら、コンコンと前あたり。その後穂先がギュンと入って重みがズッシリ乗ったのに、あわててしまい合わせ損ねてバックラッシュ。痛恨のバラシです。
う~んチヌだったか?まさか釣れるわけないと思っていたのがいけませんでした。

そのうち魚がダンゴに慣れてきたのでしょうか、段々活性が落ちオキアミも残るようになりました。
残り時間も僅かになってきたので、試しに外との水道部分にアオイソメを落とし込んでみました。
しばらくするといきなりヒット!まずまずの引き、何が釣れたのか?
上がってきたのは良型のカサゴでした。
020_convert_20160504184405.jpg
次はベタ底で流していくと、ガツン!といきなりアタリがあり大型の手応え。今度こそまさかのチヌかと思い、期待を込めてやりとりしましたが、海面に見えた魚は・・・残念長い・・でも何の魚?と思って引き上げると何とホッケでした。ホッケが釣れるなんて、やっぱり佐渡も北にあるということでしょうか?
025_convert_20160504184429.jpg
3時半となり、帰り際にフカセ釣り師に話を聞くと、小型ながら黒鯛を3枚上げたとのこと。毎年東京から来ている常連さんで、ここの場所は鉄板とのことで、色々ポイントについて詳しく教えてもらいました。

今回佐渡に来て感じたことは、高いフェリー代や交通の不便さが、上越で見られる釣り場の混雑とやり難さとは無縁の、釣りパラダイスを保っているということです。また、堤防かかりも西突堤とフェリー埠頭なら十分可能性があると思いましたが、それができる盛期から秋は、かかり釣りの最盛期でもあるので、それを犠牲にしてまでコスパ的に行く価値があるかは難しいところだと感じました。結局は元に戻って、フェリー代+駐車場代の7,500円がネックかなあと思います。
026_convert_20160504184458.jpg

P.S 直江津港に帰ってきたら、台風並みの暴風で、釣行が少し遅かったらえらい目に合っていました。

Category: 釣行記

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(0)

PageTop↑

中部横断道来年全通、さあどうする?

2016.04.16 Sat

中部横断自動車道が、来年中央道の分岐から新清水JCまで全面開通するようです。

これで自宅から清水まで、夢の3時間切りが果たせそう。中京・関西圏の釣り人が三重へ行く感覚で、気軽に日帰り釣行が出来そうです・・・・と喜んでばかりはいられない、悩ましい問題がここで発生しそうです。

自分的には、清水港は三重や能登に比べてほんとに難しくて釣れない印象なんです。冬の貯木場ではノースイングで撃沈のイメージが強いし、東燃ではどうやっても釣れない中、常連は全部50メートル流して釣ったなんて聞くと、そこまでしなければ釣れないの?と思ってしまい、どうせわざわざ行くなら三重・能登で十分かなと感じています。

自宅からの行きやすさ(三重<能登<清水)と、釣り場の魅力度(清水<能登<三重)が反比例しているので、清水が近くなったからといって、おいそれと清水をメインにしようとはなかなか思えません。

そうはいってもお手軽に行けるという感覚はやっぱり魅力なので、しばらく通って試行錯誤してみて、それでも印象が変わらなければ、見切りをつけようかなと、今は思っています。

↓ランキングに参加してますのでポチッとお願いします。
にほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村
人気ブログをblogramで分析

Category: チヌかかり釣りあれこれ

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(0)

PageTop↑

Thomas Dolby

2016.04.12 Tue

実家の押し入れをごそごそやって、昔のLP(古い!)を引っ張り出して、やっぱりいいなと思ったのはCDにダビングして聴いている。

そんな中で、今マイブームになっているのはトーマス・ドルビーの「The Flat Earth」。
1982年に全米5位のシングル「彼女はサイエンス」で知った人が多いと思うけど、その時はエレクトロポップの奇才という感じで、流行のピコピコサウンドの一派と見られていたと思う。
そして1984年の次作LPが「The Flat Earth」。これを買った人は多分コアなファンが多くて、商業的には成功しなかったと思うけど、今聴くとサウンド的に広がりや暖かさが感じられるし、「Hyperactive」では新境地としてファンキーな一面も見せている。
その中でも特に「Screen Kiss」が好きで、心震わせる隠れた名曲で取りあげようと思ったけど、他の曲もいいのでアーティストとして紹介しました。
The_Flat_Earth_(album_cover).jpg
Thomas Dolby - Screen Kiss
Thomas Dolby - Hyperactive
Thomas Dolby I Scare Myself
Thomas Dolby The Flat Earth
その後、思わずベスト盤を買ってしまい、「The Flat Earth」より後の「budapest by blimp」という曲がクールで好きなんだけど、YOU TOVEにアップされてなくて残念!

↓ランキングに参加してますのでポチッとお願いします。
にほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村
人気ブログをblogramで分析


Category: 洋楽

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(0)

PageTop↑

心震わせる隠れた名曲(Part7)

2016.03.26 Sat

久々の洋楽ブログです。

今回はSwing Owt Sisterの「We'll Find A Place 」。S.O.Sからは2曲目のチョイスです。
アルバム「Where Our Love Grows」からのインストナンバーでマイナーな曲ですが、切ないメロディが心に沁みて、自分的には大好きなんです。

この「Where Our Love Grows」と一つ前の「Somewhere Deep In The Night」あたりになると、感覚を研ぎ澄ましていったら、自然と言葉はいらなくなったことが聴き手にも伝わってきて、日本のわびさびにも通じる世界が感じられます。ちょっと大げさかな・・・。

yjimageCA21E8OO.jpg
Swing Out Sister - We'll Find A Place

↓ランキングに参加してますのでポチッとお願いします。
にほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村
人気ブログをblogramで分析

Category: 洋楽

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(0)

PageTop↑

俺の

2016.03.22 Tue

少し前になりますが、女房を連れて表参道の「俺のフレンチイタリアン」に行ってきました。

といっても、それ目当てに行ったのではなく、仕事がらみのリサーチで、東京のセレブ御用達のスーパーマーケットを視察に行った際、紀伊国屋インターナショナルのビルで偶然見つけたものです。

009_convert_20160322210111.jpg
11時50分に着いたところ、ちょうど昼12時開店というので、少し待っただけで運よく話題の店に入店できました。

入ってみると、店内は小奇麗ながら、ワイワイガヤガヤしていてフレンチというより居酒屋という感じ。
008_convert_20160322210146.jpg

印象深かったのは店員。テンションが居酒屋並みに高いのと、客が何を欲しているか常に気を配っていて、手を上げてオーダーしなくても、すぐ傍らに来たのには感心しました。

フレンチは全て美味しかったけれど、中でも7割の客が頼むという「ズワイガニと帆立のタルタル コンソメジュレ寄せ」は超美味!。
値段は2人で占めて約7千円で、ちょっと余計な出費だったけど、話題作りになって良かったです。

Category: その他諸々

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(0)

PageTop↑

4号筏の釣り人が・・・(白石湖2日目)

2016.02.07 Sun

迎えた白石湖2日目。今日は金曜日で昨日より人が多く、4号筏・6号カセにも人が入ります。

朝のキビレ狙いは望み薄で、中層にエサ取りが見えたので、しばらくやって8時半にダンゴに切り替えました。
昨日と一つだけ変えたのは、カキ棚に潜むチヌを引きずり出そうと、リスクを取って釣り座を1M半カキ棚に近づけたこと。

初日同様第一投からダンゴ当たりがあり、その時点では今日もいけると思ったのですが・・・。
しばらくすると4号筏の方がやたらとダンゴをドカ打ちし始め、魚がそっちへ行ってしまうのではと気が気でなくなり、ペースが乱されてしまいます。
初日と違い、ダンゴが割れた後の食いが悪いので、もう少しダンゴのインターバルを置きたいのですが、4号筏のピッチが速いのでこちらも昨日と同じ位のピッチにせざるを得ません。

9時半に1度だけいきなり穂先が舞い込みましたが、一瞬重みが乗っただけでスッポ抜け。
そのうち時間の経過とともにボラが単発となり、ついにはボラも当たらなくなり、厳しい状況となってきました。
筏群は昨日と逆に11時頃から奥に湾曲しだしました。

ダンゴが厳しいので試しにゼロ広角にすると中層でエサ取りにやられ、重りで落とすと根掛かり。宙切りを試すとスースーと当たってきて底近くで本当たりが出たので合わせるもウグイ。結局ダンゴ釣りで粘るしかありませんでした。

3時半、背面のダンゴ釣りで激しいボラ当たりが出たので、湾奥側に向きを変えることにしました。これにより結果的に4号筏の人が視界から消え、多少なりともマイペースで釣りができました。筏群の湾曲は大分戻っています。
するとボラ当たりが定着し、オキアミが取られるようになりました。よし、この調子と思ったのですが、30分程で再びエサが残りだします。

今日はダメかと思いながら漫然と釣りをしていた4時45分・・・。
油断していたら気が付くとカキ棚側の竿先が海中に入って、リールがゆっくり1回転している。
とっさに合わせると乗った!・・・がすぐ軽くなった・・あーあーと思ったら再び竿に重みが乗り、魚が付いていました。
だが軽い・・・、チヌかウグイかどっちだ?・・・上げてくると・・・チヌ!
でもう~ん小さい、32センチ。

ボーズ逃れでほっとした気持ちが半分、大型でなくがっかりしたのが半分です。なお、昨日はほぼ全部針を飲んでいましたが、今日は口掛かりで、やはり食いが渋いようです。
しかし、ようやく地合だこれからだと思ったものの、期待に反してボラ当たりが弱まりエサも取られなくなり、結局このままジ・エンドとなりました。初日と2日目が逆なら気分も浮かれて終わったのに、大型が釣れなかった悔しさの方が残る釣行となりました。

今日感じたことは、5号カセが前日の釣り人から3日連続ダンゴ釣りが続いたこと、同じラインに釣り人が3人いて特に4号筏でダンゴをドカ撒きしていたことから、チヌがプレッシャーを感じたか、あるいは飽食したか、いずれにせよダンゴを嫌って入ってこなかったに違いないということ。釣り人が自分だけならコントロールできるが、前日の釣り人や隣の釣り人まではコントロール出来ないので、やむなしだったと無理やり自分を納得させました。
なお、ネットで買ったカキ殻を時おり撒きましたが、効果のほどは分かりませんでした。

これで白石湖の戦績は15勝5敗、ただしスミ1が13、年無しは未だ釣れずとなりました。

Category: 釣行記

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(0)

PageTop↑

白石湖1日目(中型好調)

2016.02.06 Sat

今年も遅ればせながらやってきました白石湖。期待を胸にロッジ山水の湾奥5号カセへ渡ります。
今日はこのラインには私しか客がおらず、周囲のチヌを独り占めしてやろうとやる気が膨らみます。

004_convert_20160206213728.jpg

船頭の話では、昨日ここで納竿間際に年無しが釣れた、マチヌ狙いなら最後までダンゴ釣りで通すべしとのこと。
まずはタナ取りをしてからお決まりのモーニング。ゼロでボケ・アオイソメを前方・カキ棚際に落とし込むと、ウグイの群がるのが見えます。仕方なく5Bのオモリに切り替えますが、当たりが出ません。次にスーパーのカキをカキ棚際に落とすも反応なく、8時半にダンゴ釣りにチェンジです。

湾口側に向き、竿を前面に3本、背面に1本で挑みます。少し恥ずかしいですが遠くから来てボーズは避けたく、これの方が自分的には絶対釣れると思うので・・・。
すると1投目から嬉しいボラのダンゴ当たりがあり、次第に当たりが強くなっていきます。普段なら手持ち竿以外は広角としますが、これなら全竿ダンゴが有利と判断。前面の竿を順番に打ち返していきます。打ち返しは空打ち含め、凡そ2分程度の間隔で厳寒期にしては短く、でも1本当たりの間隔は多分7~10分程度とインターバルが取れている算段です。

仕掛けはもちろんゼロで、中層のスレ当たりが激しいので、ダンゴ着底から1~2M這わせるパターン。エサはオキアミは取られるがボケは残ることが多く、オキアミで打ち返し仕掛けを回収するとエサがないか、底が荒いため「カキ殻」が釣れてきます。スレ当たりとエサ取り当たりの判別は難しい中、とにかく5時を回ってからが勝負とのことにて、気長に打ち返しを続けました。

11時、試しに誘い上げてみると今日初めて魚が掛かるもウグイ。やはり這わせで粘るしかありません。
12時、風で湾口側に移動したため、湾奥側に向きなおすも1時間程で向き直りました。

すると1時半・・・、気が付くと真ん中の竿がカキ棚側に引き込まれています。合わせるとそこそこの引き。チヌ?でも船頭は5時からと言っていたしなあと、半信半疑でやり取りすると・・・・・

001_convert_20160206213612.jpg
チヌ!36センチ。中型ながら今年の1枚目。早い時間帯にボーズ回避で気が楽になりました。
次は2時で右の竿。ヒクヒクしてたので合わせると竿が肩で止まりません。エサ取りかと思って上げてきたら、20センチのキビレでした。

そこからはしばらく苦戦したものの、通常のサナギは食わないため、オキアミ・生サナギのミックスでやっていると、3時半に久々のアタリ!キビレ35センチでした。
003_convert_20160206213656.jpg

その後は雰囲気が出て来て、オキアミ・生サナギで間を置いて、キビレ30センチ、チヌ27センチ、キビレ35センチと続き、いよいよコールデンタイムの5時に突入です。
すると5時20分、カキ棚側の竿が引き込まれました。どうだ、サイズは?う~ん、イマイチ。1枚目と同じ36センチです。
そして5時35分ラスト1投、真ん中の竿にモゾモゾアタリ・・・そしてゆっくり入った、よっしゃー合わせた!今までにない引き・・サイズは・・50はないな・・、無事タモ入れし検寸すると50ないどころか40ジャストでちょっとがっかりしました(納竿で写真を撮る余裕なし)。

初日は中型中心にチヌ4枚・キビレ4枚の釣果。難しいことは考えず、ダンゴで這わせて待つだけで釣果が上がり、白石湖の好調の一端が垣間見えました。大型はダンゴのピッチが速すぎて入ってこなかったか、それとも昨日釣られてしまったか・・・。でも、8枚釣れたんだから攻め方は間違ってなかったと思うことにしました。

ちなみに今日に限ってはキビレも広角とかダンゴの外とかでなく、チヌと同じくダンゴでじっくり待って食ってきました。アタリは中型は長い前アタリの後竿を引き込み、小型は引き込まずヒクヒクやっていました。

Category: 釣行記

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(0)

PageTop↑

カキ殻6.5kg

2016.01.31 Sun

今年も楽しみにしていた白石湖。1月は予約を入れた日が会社の卓球大会と重なり、無念のキャンセル(でも大会は準優勝したけど・・)。来週は連休が取れてようやく今度こそ今年の初釣りです。

昨年まで、スーパーのカキを細かくしてカキ棚際に撒いてから、ムキ身で落とすと暫くしてサオが舞い込むパターンが何回かあったので、今年は撒き餌にカキ殻もプラスしようと、ネットで6.5kg1,900円で購入しました。これを足で踏みつぶして細かくするだけでも大変で、結局4kgほどやって疲れて止めました。
今年は中層のエサ取りが多いみたいで同じ戦法が効くか分からないけど・・・。まあ、備えあれば憂いなし。
今年もいい思いができるよう頑張ります。

012_convert_20160131121855.jpg
014_convert_20160131121947.jpg


Category: チヌかかり釣りあれこれ

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(0)

PageTop↑

今年の釣行を振り返って

2015.12.05 Sat

年初には、今年こそ年無しを釣るぞーと意気込んだものの、結局年無しは釣れませんでした。

釣果率だけ見れば、10勝4敗とまずまずだったけど、数釣れたのは5月の能登島だけで、あとは全部5枚以下と苦戦が多かった・・・。
その能登島も強風に翻弄されての釣果であり、いわゆる「ええ釣り」は1度もありませんでした。

ただ、言い方を変えれば、厳しい状況の中、以前の自分なら確実にボーズのところを、色々考えて何とか1~2枚型を見れたことも多く、少しは成長したかなという感じです。

来年も引続き年無しを目指して、得意の白石湖や、古和浦、あとは引本浦あたりにも行ってみたい。
来年あたりでそろそろ初めて行く先は終わりにして、FCマンボウ・ロッジ山水・能登島フィッシング箱名に加えて、夏の大型・秋の数釣り先で、行きつけの渡船店を決められたらと思います。

P.S 1月に早々と白石湖に予約をしたら、会社の卓球大会とかぶってしまった・・。選手として期待されているので、出ないわけにいかないし、白石湖も非常に楽しみにしたので・・・。う~ん、どうしよう・・・。

↓ランキングに参加してますのでポチッとお願いします。
にほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村
人気ブログをblogramで分析


Category: チヌかかり釣りあれこれ

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(0)

PageTop↑

厳しかった2日間

2015.11.23 Mon

今年最後の釣行に、先月と同じパターンで、三ヶ所マンボウと答志島愛幸丸へ行ってきました。
結論から言うとパッとしない釣りとなってしまいました。

まずは初日のFCマンボウの潮のゆるいポイントから。

前回同様マキエをしてから、シラサで広角に攻めるとメッキ。シラサ・オキアミ・イソメではエサ取りのアタリばかりで、サナギなどは取られないため、ダンゴ釣りに移行すると、ダンゴ当たりはなく、しばらくしてから小アタリでエサが取られるか、掛かってもチャリコ・フグ。
そのエサ取りも時間が経つにつれおとなしくなってしまい、渋い状況が続きます。

エサは最初は色々試しましたが、シラサ・オキアミしか取られず、途中からはほぼシラサオンリーで攻めます。

10時、思いつきのオキアミ・コーン・マムシ・アカイソメのコラボで、どれでもいいから当たってくれと思い、広角でじっと待っていると、微妙な前アタリがあった後、いきなりギューンと竿先が突き刺さりました。突然の事でびっくりしましたが、まずまずの引きで上がってきたのは本命、綺麗な魚体の33センチでした。ボーズを免れひとまずほっとしました。

002_convert_20151123181345.jpg

でも今のはあくまで交通事故的な釣れ方であり、再び渋い状況が続きます。次は11時半にシラサの居食いで27センチが釣れましたがやはり単発でした。
午後になり、状況の打開を図ろうと、アケミ貝割りを撒いて、ダンゴにもアミエビを入れ数個打ち込んで、ポイントに活を入れてみます。
すると効果てきめんで、珍しくダンゴが割れた後明確なアタリがあり、その後コツコツとアタっているので、タイミングを見計らって合わせると、久々のヒット!これは30センチでした。
これでようやくパターンに持ち込めるかと思いましたが、これっきりでした。その後弱いダンゴ当たりが出だすも、エサ取りのようで、ダンゴが割れると速いアタリは出ますが、合わせどころがなく、夕方はエサ取りの活性も落ちて、初日は終了となりました。
003_convert_20151123181423.jpg
後で家に帰って魚をさばくと、腹からはあまり内容物が出てこなかったので、やはり食いが渋かったのか、もしくは回遊性のチヌだったようです。


2日目は答志島の愛幸丸は和具の筏。
今日は渡船場に迷わず、6時半に出船です。
予約の際、3号筏しか空いていないとのことでしたが、渡されたのは先月と同じ8号筏。ここなら潮や水深など凡そ掴めているのでラッキーです。

シラサ・激荒・荒の撒餌の後、広角で落とし込むと三カ所同様エサが取られるか、メッキが釣れてきます。
ダンゴ釣りに移行すると、三カ所よりエサ取りの活性が高く、メッキ・フグ・チャリコと賑やか。エサは昨日同様シラサ・オキアミは取られますが、激荒などは最後まで取られませんでした。

この日はエサ取り以上にやっかいだったのがウネリ。先月は気にならなかったのですが、和具の港といっても入り江ではないので、上下前後に竿先が1メートル位動き、穂先が入ると一瞬当たりかと思い紛らわしかったです。そんなに風は強くなかったのですが、よくあることなのでしょうか?

一方で期待を持たせたのがボラの当たり。時間の経過とともにダンゴ当たりが定着しました。
11時、微妙なアタリに腕が反応し、合わせると今日初めて重量感のある魚が掛かった・・と思ったら痛恨のバラシ。ボラでしょうか。
しばらくしてようやくチヌらしき魚が掛かったと思ったら、またもバラシ。その後もう一回バラしてしまいました。

たまに広角・落とし込みをすると、いい当たりでチャリコの餌食となるので、午後はシンプルにシラサのダンゴ釣りでチヌが寄るのを待つことにしました。タナはトントンよりハワセの方が、エサ持ちがよく、ウネリの対処にもなる感じ。
この中で紛らわしい当たりを捉え、ようやくチヌだと思ったら残念ヘダイ。この後、チャリコとヘダイが半々で釣れ、しだいにヘダイばっかりとなりました。たまにトントンに戻すと、今度こそチヌかと思いましたが、コノシロのスレ。ダンゴ当たりはボラとばっかり思っていたが、コノシロだったか?この後トントンではコノシロ、ハワセではヘダイばかりで、最後までチヌは現れずこのままジ・エンドとなりました。
ダンゴ当たりがあり、チヌがいつ釣れてもいい雰囲気でしたが、結局ヘダイが寄ってしまい、自分の腕ではかわしきれませんでした。ちなみに他の筏の方もチヌは1~2枚でヘダイに苦戦されていたようです。

帰りは恒例となった菰野町の片岡温泉によって、帰路につきました。

Category: 釣行記

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(0)

PageTop↑

釣行時の持ち物リスト

2015.11.15 Sun

長野から釣りに行く場合、通常三重は2泊3日、能登は1泊2日で釣行しています(泊りは全て車中泊)。

小旅行となりますので多いのが持っていく物の種類。釣りの道具に旅行用品も加えると相当の数となり、以前はよく忘れ物をして痛い目に合っていました。
そこで、持ち物リストを作ったところ、持っていくものをいちいち考えなくて済むし、忘れ物も無くなり、釣行前の準備がかなりスムーズになりました。
今も、持ち物リストにもとづいて来週の準備をしたところ。今年最後の釣行で有終の美を飾りたいと思います。
003_convert_20151115115909.jpg

Category: チヌかかり釣りあれこれ

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(0)

PageTop↑

銀婚式の記念旅行

2015.11.04 Wed

11月3日は結婚してちょうど25周年でした。
特に何もやる予定はなかったけど、会社から思いがけず3万円のお祝い金が出たので、まだ行ったことのない日光に、夫婦水入らずで行ってきました。

北関東自動車道のおかげで思いの外早く、2時間半でお膝元の今市に到着しました。

栃木と言えば餃子ということで、昼食は餃子と水餃子しかない専門店に並んで入ったけど、正直普通のラーメン屋の餃子と味は大して違わなかった・・。
001_convert_20151104195842.jpg

次はお目当ての日光東照宮へ。
006_convert_20151104200014.jpg

さすがの世界遺産。見ごたえがありましたよ。
008_convert_20151104200130.jpg
013_convert_20151104200348.jpg
012_convert_20151104200429.jpg

ここら辺りは紅葉も見ごろでした。
023_convert_20151104202303.jpg

結構歩いたんで、古い建造物を改築した喫茶店で一休み。
021_convert_20151104200543.jpg

夕方になったので、有名ないろは坂を上がって、予約した中禅寺湖畔の宿へ行ったのですが・・・、施設がチープで残念!
025_convert_20151104200716.jpg
お祝い金の範囲内で宿を選んだのが間違いでした。でも、その分料理は不釣り合いなほど美味しく、女房の機嫌も戻ってホッとしました。また、温泉は小振りながら硫黄泉の源泉かけ流しで、貸切風呂もあり満足。

そして、宿からの景色はご覧のとおり。2日目は快晴で、中禅寺湖が絶景でした。
026_convert_20151104200803.jpg

チェックアウトして、奥日光の戦場ヶ原・湯滝と見て回ります。
033_convert_20151104203554.jpg
034_convert_20151104200923.jpg

最後は華厳の滝で締めくくり。駐車場は滝の上なので、専用エレベーターで100M下ったところで圧巻の景色を観爆しました。
041_convert_20151104201026.jpg
帰りに再び日光東照宮付近で昼食と思いましたが、平日にも拘らず車が渋滞で身動きが取れず、そのまま帰路につきました。

普段一人で釣りばかり行って申し訳なく思っているけど、たまには夫婦で旅行に行かねばと改めて感じた2日間でした。

Category: その他諸々

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(0)

PageTop↑

鳥羽の不思議

2015.10.24 Sat

この前、3連休に鳥羽市内を車で走って、不思議に思った事というか、不便・不満だったことがあります。

安楽島大橋からえさきち方面に車を走らせても、ロードサイドの外食店がまったくない・・・。普通これだけの街ならポツポツと飯を食うところがあるのに、鳥羽に限っては唯一反対車線にかっぱ寿司と担担麺ラーメン店があるのみ。
鳥羽に来てまでかっぱ寿司というのもあれだから、担担麺ラーメンに入りましたが、皆食べるところがなくて困っているのか、何と一時間待ちでした。普通のラーメン屋なのに・・・。
本当は地元に知られた食事処があるのだろうけど、観光に来ているわけではないので、ロードサイドに全く外食店がないというのはいただけない・・・。店を出せば絶対儲かるのになと思いました。

また、やはりえさきち方面に向かった時、自分の車線側にコンビニが一軒もない・・・。反対車線側にはポツポツあるが、交通量が多いので入りたくなく、これだけの道だからじき自分の車線側にもあるだろうと思ったのに、結局二見のだいぶ伊勢よりまで戻ったところで、仕方なく反対車線のサークルKに入りました。

大体、外食やコンビニは市場調査なんかをして出店するので、鳥羽クラスの街ならそこそこ充実していて当たり前なのに・・・それとも観光地なので規制でもあるのかと思うくらい不便を感じました。
まあ、どうでもいい話ですけど・・・。

Category: チヌかかり釣りあれこれ

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(0)

PageTop↑

ボラかと思ったら・・・(答志島にて)

2015.10.18 Sun

1週間遅れの釣行記です。
3連休の2日目は答志島の愛幸丸に初釣行しました。

朝、HPに記載のある岸壁へ行くと、釣り客が集まっていたので、てっきり愛幸丸だと思って人に聞くと光和丸とのこと。愛幸丸はずっと向こうと言われ、あわてて船頭に電話して言われた場所に行ってみたところ、釣り客はいるもののかかり釣りの人ではない・・・。
去年の光和丸も着岸点がHPと実際でずれていてすごくあせったので、これだから「岸壁系」はいやなんだよなーと思い、不安のまま待っていると、なんとか無事船が来て、少数の客を乗せて出船となりました。朝からやれやれです。

ポイントは和具の8号筏。けっこうボロですが(すみません)、他の筏との距離があり、のんびり楽しめそうです。
027_convert_20151018105751.jpg

水深7m、潮はほとんど動いていません。6時半釣り開始です。
エサ取り多いがボラはいないとのことでしたので、最初は昨日同様、シラサ底撒き・荒・激荒のマキエをしてから、まずはシラサで遠投すると早速アタリ。すわチヌかと思いましたがベラでした。その後、マムシ・カメジャコは取られるものの、カニ・丸貝・活丸さなぎは取られず、ついモーニングを長引かせてしまい、8時すぎからダンゴ釣り開始です。

ダンゴ当たりはなく、シラサでは再びベラ。チヌが釣れるまではしばらくかかるかなと思いつつ、激荒に変えてトントンでしばらく待っていると待望のアタリ!これはチヌっぽいが・・見えたのは本命。31センチでした。
017_convert_20151018110438.jpg
ダンゴ釣りに変えてから10分で1枚釣れて、初めての場所だけにほっとしました。次も激荒で攻めると、トントンで反応がないので持ち上げてからゆっくり落とし込むとアタリ!連続ヒットで今度は29センチ。めっちゃ楽しい!

これはたくさん釣れるかもと思いましたが、そうは問屋がおろさず早くも食い渋りです。
エサをローテーションするも、シラサ・オキアミではエサが持たず、それ以外では反応ありません。エサ取りはますます活発になってベラに加え、サンバソウ・チャリコと賑やか。ボラが寄らないので状況が変わる気がしません。時折遠投したり、筏の穴に落とし込んだりしてみましたが、竿下と状況は変わりません。途中、中層でパラパラにすごく反応が良くなり、丸貝が取られますが、アワセどころが難しく針掛かりしませんでした。

時間ばかりが経過した11時半、思い切って朝からのポイントに見切りをつけ、釣り座のコーナーを変えてみました。
第1投、ダンゴ当たりがあり、なんとなくこっちの方が雰囲気ありそう。激荒は当たらず、シラサに変えると、コンときて教科書通りのアタリ。引きが弱くチャリコかと思いましたが、ジャスト20センチのチヌでした。しばらくシラサでやってから、激荒に戻した数投目。ボラがダンゴを割って、じっくり待っているといきなり竿をひったくるアタリ!これは力強い引きで糸が出される。幸い魚は沖に走ったので、無理にやりとりせず慎重に寄せてくると、見えた魚は・・・よっしゃーチヌだ!でも思ったほど大きくない。検寸すると35センチ。引きからして45センチはあると思いましたが、サイズの割に良く引きました。時間は正午でした。
019_convert_20151018110011.jpg

ひらめきで釣り座を変えたのが正解でした。今度こそ地合になると思いましたが、午前中の釣り座同様、エサ取りが活発になってしまい、釣りづらくなりました。ダンゴ・広角・宙切り・・思いつくままやってみますが効果ありません。
1時半、激荒で粘っていると久々のヒット!これは先ほどよりでかい!糸がどんどん出される。ボラが激荒を食ったか、それともまさかの年無しか・・・。バレルなよ、昨日のハリス切れが頭をよぎる。1.25号で慎重にやり取りしたら、ようやく魚が見えた・・・。あー長い、やっぱりボラかあと思いましたが、さらに魚を海面近くまで浮かせて来たら、どうも様子が変。なにこれ・・・ボラじゃない?え・・コチ?コチだー。何とかタモ入れしたら、60センチ近くはあるだろうか、巨大コチでした。
024_convert_20151018110051.jpg
思わぬお土産ゲット。でもやっぱりグロテスク。ボラよりはましだけど微妙ー。

その後は時間が経つにつれ、ボラのダンゴ当たりもなくなり、エサ取りだけとなって、そのままジ・エンドとなりました。

答志島の和具のポイント。ここは水深が浅く、潮もゆるく自分向きの所で、また連休の割に釣り客も何となくのんびりムードで、船頭も人の良さそうな人で、鳥羽でのお気に入りになりそうです。それにつけても出船場所をしっかり覚えねば。

Category: 釣行記

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(0)

PageTop↑

アタリが変!(FCマンボウにて)

2015.10.14 Wed

3連休の初日は今年初めてFCマンボウに釣行しました。

ポイントは渡船店を出て左、深江浦でも一番湾奥で水深6Mの浅場でしたが、潮はそこそこ流れていました。
013_convert_20151014215811.jpg
三重全体が秋の割に爆釣しておらず、エサ取りは多いがボラはいないとの事前情報から、シビアな釣りになることを予想し、シラサ底撒きと荒・激荒のマキエをしてエサ取りが直下に集まったのをイメージして、しばらくは広角釣法で攻めてみました。

シラサを遠投して2投目、着底直後にエエ当たり!開始10分で31センチをゲット!狙い的中です。
012_convert_20151014215730.jpg

次にカメジャコで遠投したらこれまた着底後に当たってきて28センチ。好調なスタートでめっちゃ楽しい!
今度はしばらくしてカニでやったらまたまたアタリ!これはマシなサイズでリールが逆転します。40はありそうな引きでしたが、1.25号のハリスが切られてしまいました。その後丸貝に変えるも反応なく、しだいに広角の反応が悪くなってきたので、8時頃ダンゴ釣りと広角を半々の攻めに切り替えます。

本日のダンゴはブルーステージプレミアム・あかまる・チヌスパイスと荒・激荒各2袋を使用。ダンゴへの反応はイマイチで、サシエは直下・広角ともシラサ・マムシは取られるものの、サナギ・コーン・オキアミは反応鈍い状況。エサ取りは想像していたフグ・アジではなく、浮かせるとメッキが釣れてきます。

パターンがつかめず時間だけが経過、途中激荒のエサで弱い引き。エサ取りかと思ったらチンタでしたが20センチに満たずカウント外。
11時半、シラサを釣り座左に落とし込み、着底後しばらくしたところで久々のヒット!これはデカい!糸が何度も出される。1.25号なので無理はできず慎重に対処するも、しばらくしてフッと軽くなってしまいました。朝に続いて痛恨のラインブレイク。秋=細ハリスと決めてかかっていたのが間違いでした。

この後、エサ・釣り方を変えて試行錯誤するも時間だけが経過していきます。
2時半頃からそれまで単発だったボラ当たりが定着し、メッキもおとなしくなった感じ。ダンゴが割れた後、スレアタリが出て、さらにその後サオ先が速く上下するケースが多くなりました。上げてみるとエサが取られていたりいなかったり。ここに来て釣れてはいないものの、シラサのダンゴ釣りが当たりがあってエサも取られて一番期待できる感じ。

3時半、ダンゴ割れ後サオ先がいつまでも上下するので、半信半疑で合わせると乗った!しまった、ボラを掛けたかと思いましたが、引きはさほどでなく上がってきたのは・・・超久々の本命29センチでした。
しかし、チヌアタリはサオ先が戻らないとよく聞くけど、今日のアタリはいったい何なんだと思うと、アタリの見極めに自信がなくなりました。この後もダンゴ割れ→ボラスレ→穂先上下の状況が続き、アワセどころがなく、勘でアワセても乗らず、結局このまま納竿となりました。

1日を通しては予想通り渋かったものの、秋にもかかわらず大物が掛かりドキドキも味わえて楽しい1日となりました。後でおかみさんに大物バラシを話したら、今でも年無しが来る可能性があるので、最低でも2号を巻いておかねばとのこと。今日の反省材料です。

P.S 2日目は後日報告します。

Category: 釣行記

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(0)

PageTop↑

能登島で苦戦

2015.09.13 Sun

三重釣行は3連休以上でないと無理。シルバーウィークは交通渋滞必至なので、仕方なく前の週に能登1日釣りに行ってきました。

場所はフィッシング箱名、沖の筏です。HPの船頭日記のとおり、台風18号で4号筏が水没してました。
ここではいつも強風に悩まされるのですが、今日は珍しく無風に近い状態で、拍子抜けです。

ここ数回、朝一撒き餌をしてからのタングステンの落とし込みで必ず来てるので、今日も素早く激荒・荒・アケミ底撒きをして、相乗りの方からの寄せ勝ちを図ります。今日も1投目こそ不発でしたが、2投目オキアミコーンで早速25センチをゲットです。

暫くしてから今度は活丸さなぎ・コーンにヒット。中々の引きでしたが、30センチ止まりでした。
002_convert_20150913174051.jpg
ダンゴに移行したところ、船頭の話ではエサ取り多いとのことでしたが、やや活性低め。今日は初めてパワーダンゴチヌを使ってみましたが、やや集魚が弱かったか?あわよくば30枚位釣れればと思っていたものの、そうは問屋がおろさなそう。

ここは潮通しがいいポイントで、さらに大潮なので相当潮が速いことを想定していましたが、予想に反して潮が緩く、弱い風と合わせていつもとは違う釣り場のようです。

8時20分、活丸さなぎをタングステンで落とし込むと、いきなり着底間際に引っ手繰るアタリ!
これはでかい!リールから糸が何度も引き出される。一番弱いタックルにかかってしまったので強引なやり取りはできない。
そのうち魚は筏の中に潜りだした。イトがフロートに擦れている・・ヤバイ・・・と思ったら急に軽くなってしまいました。
ボラかな?大チヌかな?姿が見たかった・・。

その後、パターンがつかめず数狙いのはずが大苦戦。ダンゴ当たりはあったりなかったり。エサもオキアミではエサ取りにやられるが、サナギ・コーンは取られたり取られなかったり。時折丸貝を試すも貝を潰すアタリは出ず、広角・宙切りも不発です。
途中釣れたのはタコぐらい。能登島にタコとは普段聞かないのでびっくりです。

試行錯誤しながら11時45分、完全フカセのU字釣法でチンタながらようやく3枚目です。エサは激荒。
12時、今度は活丸さなぎに30センチ弱。
U字釣法でようやくパターンにはまるかと思ったのですが、この後再びハッキリしない展開にストレスが溜まります。
この頃は潮が沖から斜め右に流れ、筏に入る潮で流せず相乗りの方に有利なのも災いしました。

2時半、相乗りの方が早上がりするため渡船が近づいてきたところで、久々のヒット!
これはまずまずの型です。渡船の前で格好よくやり取りしたつもりが、上がって来たのは・・ガーン、良型のウマヅラでした。
試しに相乗りのいた着座に移ってみましたが、活性が同じなので自分のポイントに戻りました。

能登島は自分の中では割と素直にアタリが出る印象なのに、今日に限っては竿下にはいると思われるものの、食いが渋くちょっとくわえたと思ってもすぐ離してしまう感じ。幸い風がゆるいので、穂先を能登島仕様のTYPE3からTYPE5にチェンジし、ハリも1号に落としてみました。・・・ですが効果なく、なすすべありません。

4時、本当に久々のヒット。海面に浮いて来たのはレギュラーサイズですが、やっとのことでほっとしました・・と思ったら、タモ入れ直前に痛恨のバラシ!あんまりの結果なので、自分の中では枚数にカウントして、リリースしたと思いこむことにしました。

結局、このまま上がりの時間となり、冴えない釣行だったなと思いながら道具を片づけていると・・・よっしゃー、ラスト1投の置き竿が海面に突き刺さっている!最後の最後に1枚追加したことで、ちょっとだけ気分も晴れて終わりとなりました。

003_convert_20150913174204.jpg
苦戦とはいっても魚影自体は濃く、ボーズはありえないのが清水と違うところでしょうか。

001_convert_20150913174236.jpg
↓ランキングに参加してますのでポチッとお願いします。
にほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村
人気ブログをblogramで分析

Category: 釣行記

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(0)

PageTop↑

続ダンゴが濃すぎる?(有岡渡船2日目)

2015.08.10 Mon

2日目のダンゴは、割れのタイミング重視のため、最近気に入っているブルーステージプレミアムに戻し、トーナメント大チヌ、本筏チヌ、細引きさなぎ、チヌスパイスの配合としました。また、ある目的からアケミ1袋を購入しました。

モーニングは丸貝・イ貝に加えて、さなぎで四方八方探りましたが反応なく、30分ほどでダンゴに切り替えることとしました。準備をしながら、ふとサオを見ると・・穂先がお辞儀をしている。あわててサオを手に取ると、さほど大きくない。見えた魚は・・・チヌ!昨日と同じ25センチクラスで狙いじゃないけど、昨日が昨日だっただけに、少しほっとしました。6時30分でした。

2日目も1投目からボラ当たりがあり、エサもすぐとられます。フグは昨日ほど針掛かりしませんが、相変わらずのフグじゅうたん状態です。
9時20分、この状況を見越してサナギとオモリをアケミ貝でフタをして、エサを持たせてみました。すると、作戦的中!アタリです。まずまずの引きで上がってきたのは33センチ。
008_convert_20150810172000.jpg

今日はこの釣法がビンゴかと思って期待しましたが、アケミ貝がすぐ開いてしまい、フグの餌食となるので、次にアケミ貝にハリスをグルグル巻きにしてみましたが、貝が開いたタイミングが分からず、2匹目のドジョウはいません。それでも同じ釣り方で10時40分、サオが曲がり今度は40オーバーかと思いましたが、残念ボラでした。

この後、ボラアタリがあまりにも激しく、ダンゴが早めに割れてしまうので、粘りを持たせようとさなぎミンチ荒を混ぜ込んだところ、これが災いしたみたいでフグフグフグと、昨日の午前中に逆戻りしてしまいました。

このままボラとフグの勢いは増すばかり。ダンゴでも広角でも、活丸さなぎの3コ掛けがあっという間に取られてしまう一方、丸貝でやると1回だけ端が割られた以外は反応ありません。エサの取られるのは一緒でも、穂先は何も変化ない時と、ボラアタリで穂先が激しく上下する時と、フグのヒビッという一瞬アタリの時がありました。

さらに、昨日と違って上潮と底潮が結構速く湾奥に流れだし、1.5号でも止まりません。船頭さんは潮ゆるいと言ってたけど、苦手な速潮にも苦戦です。12時半、はるか潮下の置き竿にアタリ!よっしゃーと思ってやり取りするもハコフグでした。

ダンゴ釣りに見切りをつけ、4時半からはさなぎ・丸貝の落とし込みで攻めるも、状況に変化なく、このままジ・エンドとなりました。
ここは、目の前のカセに乗ったら潮も緩そうで自分向きな感じ。2日釣りならマンボウとの連チャンも面白いかもと思いました。
006_convert_20150810171911.jpg

なお、今回の反省として、遠方から気合いMAXで釣行するため、気合いに連動してどうしてもダンゴがきつめになってしまうこと。盛期は薄めにしておいて、魚の活性が低かったら集魚を上げる方法を取った方が良かったかも。それと、さなぎコーンのダンゴ釣りでも、丸貝・イ貝でも、両方であわよくばといったスケベ根性では、狙いの大型には届かないのではと感じました。

↓ランキングに参加してますのでポチッとお願いします。
にほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村
人気ブログをblogramで分析

Category: 釣行記

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(0)

PageTop↑

ダンゴが濃すぎる?(有岡渡船1日目)

2015.08.10 Mon

型も見たいけど大型も狙いたいという訳で、以前から目を付けていた三ヶ所有岡渡船へ初釣行しました。

ポイントが分からないので船頭任せ。的矢湾の湾口が見渡せる4号筏に上がりました。
001_convert_20150810171709.jpg

まずは丸貝・イ貝のモーニングで小一時間粘りますがアタリなく、ダンゴへチェンジ。
最近大釣りがないことから、久々に相性の良かったあかまるをベースにしました。

すると1投目からボラのダンゴ当たりがあり、フグが釣れてきました。まずは活性が高そうで一安心と思ったのも束の間、ダンゴだとフグがきつく、今度は広角で探るもどこへ落としてもフグフグフグのオンパレードです。ハワセ・大ハワセも効果なし。中層もフグ。どうやら海中はフグのじゅうたん状態です。

サナギ、コーン・・・何でやってもエサが瞬殺で、かといって丸貝でやるとエサがとられず、中間のエサが見当たりません。チヌが寄れば状況が変わると思っても、その気配はいっこうにありません。さらに10時頃から、上潮のみが湾奥へ流れだし、釣りにくい状況です。

昼を回った頃から、エサは相変わらず取られるものの、フグの針掛かりが少なくなってきました。
すると2時半、何の前触れもなくサオ先が海中に入りました。今日初めてまともな魚とのやりとりです。そんなに大きくないな、何だろうと思っていたら・・・チヌ!
塩焼きサイズでしたが、ようやくボーズ回避。やれやれです。仕掛けはオモリとエサをダンゴに包んだ得意の?U字釣法でした。このまま海況が変わるかと思いましたが、フグの絶対数が多く、そうは問屋がおろしません。

次の変化は4時すぎ。居食いを反射的に合わせるとまずまずの引き・・でしたがボラでした。

5時20分、後片づけを済ませ残り10分で今日最大のチャンスが訪れました。釣り座の5Mほど右に移動し、活丸さなぎを落とし込むと、スースーと引き込む気配をみせたので、じっと待っていましたが引き込みません。そこで再度同じところに落とし込み、スースーでフルスイングすると乗った!これはでかそう。ラスト1投で劇的な初年無しか?
チヌか、ボラかどっちだ・・・・。
・・・やっぱりボラでした。初日はこれで終了です。

本日のダンゴ・・あかまる、トーナメント大チヌ、コーンダンゴチヌ、メガミックスチヌ、さなぎミンチ荒。盛期でもエサ取りさえいない時があるので、集魚重視にしてみましたが、メガミックスが余計だったかも?また、相性の良かったあかまるを久々に使いましたが、やはりダンゴの割れコントロールがシビアでした。

↓ランキングに参加してますのでポチッとお願いします。
にほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村
人気ブログをblogramで分析

Category: 釣行記

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(0)

PageTop↑

 | HOME |  Next Page »

プロフィール

FINE

Author:FINE
長野県上田市から三重や能登に通う49歳のチヌかかり釣りマニアです。長野県の会社に勤務していますが、若い頃大阪支店に転勤となり、そこで同僚にかかり釣りに連れて行ってもらい、長野に帰ってきてからやみつきになりました。遠いため年間釣行10日程度、通算でも約100日と釣行回数は多くありませんが、今までの釣行歴や釣行記、はたまた他の趣味や日頃思うことなどを書いていきたいと思っています。

最新トラックバック

長野よりチヌかかり釣り

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR